キム·ヨナ「満足な結果…ソチ行きの良いコース経った “(インタビュー)

キム·ヨナ「満足な結果…ソチ行きの良いコース経った “(インタビュー)

[猫=イーデイリースターinイソクム記者] 2014年ソチ冬季オリンピックを控えて最後のリハーサルを成功的に終えた’フィギュア女王’キム·ヨナ(24)が、自分の演技に対する満足感を隠さなかった。

キム·ヨナは5日、京畿道高陽市オウリムヌリスケート場で幕を閉じた全国男女フィギュアスケート選手権大会女子シングルに出場し、合計227.86点で圧倒的な優勝を占めた。前日のショートプログラムで’無欠点演技」で80.60点という非公認世界新記録を樹立したキム·ヨナはこの日のフリースケーティングでも二回のジャンプミスにもかかわらず、147.26点という高得点を取るオリンピックでの良い結果を予告した。

キム·ヨナは”フリースケーティングで多少のミスがあったが、大会全体的には満足している」としながら「クロアチア戦よりも自信が付いたし内容が良かった”と所感を明らかにした。続いて「ゴールデンスピン·オブ·ザグレブよりもレベルがよく出てきて、ソチへの良い過程を経たと考えている」とし、「時間が短かったが練習しただけの結果を得て満足している」と満足してした。

キム·ヨナはフリーで3連続コンビネーションジャンプの最後のジャンプをスキップトィンデ続いてフリースケートでダブルアクセルジャンプをシングルで処理して減点を受けた。彼は自分のミスについて、「最初に揺れてコンビネーションジャンプを跳ばなかったが、最後にも注意してみると再びミスが出た」とし、「ダブルアクセルクロアチア大会に続いて、今回も間違いがあって気を使うだろう」と強調した。

最高のコンディションを維持し、オリンピックに臨むようにされたキム·ヨナは「負傷のため、今季を最後に起動したが、大会への出場を介してプログラムの完成度を高めようと努力した」とし、「今回の大会でも補完することを発見しただけのオリンピックまで気を使って準備したい」と覚悟を固めた。

続いて「体力はクロアチア戦の時より確実に上がってきた」とし「五輪まで体力を引き上げながら、ジャンプの成功率を高め、ジャンプ外的な部分も補完する」との計画を明らかにした。また、「負傷を受けないのが重要である。特別なことなくしていたように準備する」と付け加えた。

‘同い年のライバル浅田真央(日本)との対決について「どうせ大会に出るのでうまくなりたい」とし、「私はすでにオリンピックの金メダルを取ったので、浅田よりも負担が軽減できますだ」と淡々と明らかにㅎダ。

キム·ヨナは、自分と一緒にオリンピックに出る後輩パク·ソヨン(シンモクゴ)、キム·ヘジン(グァチョンゴ)にも助言を惜しまなかった。彼は「後輩たちがまだ幼いので、オリンピックで良いことがないという負担感なく出場すること自体に意味を置いて楽しくつなげるたら良いだろう」と激励した。XML

20140105_11

2Aが引っかかっちゃうのか…ちょっと心配だけどメンタル的なものが原因ならなんとか…あぁーソチまで長いなぁ。

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2014.01.16

    Viva Tangoてw

コメントをお待ちしております

2018年10月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

記事一覧

Twitter