グッバイヨナ。

良コラムなのでご紹介。自動翻訳にて。

[マガジンS]グッバイヨナ。そしてサンキュー_フィギュアスケート

 

20140111

 

2014年新年の最初の週末の早朝、誰がムォラルもなく、秩序ある行を連なる多くの人々が見える。冬の寒さに対抗して肉厚の装いをした彼らの手には、表を救うというプラカードが聞こえている。アイドルコンサート場の風景ではない。競技場の前の風景です。プロ野球ポストシーズンでも見ることができる光景が繰り広げられ、そこで、最後の希望が現実になってようやく表を求めた人々もいれば、寂しく帰る人も少なくなかったそこは、まさにフィギュアの女王キム·ヨナの最後の国内舞台が繰り広げられた高陽市オウリムヌリスケート場であった。競技中もキム·ヨナとの別れの準備をするファンたちの物足りなさでいっぱいだった。自分で作ったプラカードやバナーがいっぱいしたし、ユニークなデザインと奇抜でキュートなフレーズがキム·ヨナを応援した。おそらくそれは、これまでのファンがキム·ヨナに受けた幸せと喜びのために細やかな恩返しだったのかも知れない。

 

20140111_02

 

「昨年総合選手権大会が最後だろうと思ったが、また出てきた。オリンピックに行く前の最後の大会を国内ですることになっ良かった韓国のファンの前でいい試合をして、より満足している」ソチ冬季五輪の最終リハーサルであり、現役選手としての最後の国内舞台だった総合選手権大会を終えたキム·ヨナが残した話だ。キム·ヨナは去る1月5日の試合高揚相性ヌリスケート場で開かれた第68回全国男女フィギュアスケート総合選手権大会女子シングルシニアフリースケーティングで技術点数(TES)70.05点、芸術点(PCS)77.21点で合計147.26点を記録し、前日のショートプログラムで受信した80.60点を加え、総合227.86点で優勝を占めた。特にショートプログラム(「道化師を送信中央」)は、非公認世界新記録」である80.60点を獲得し、自信も思う存分充電し総点は2010バンクーバー冬季オリンピックで記録した歴代最高記録である228.56点で0.70点足りないことであり、ザグレブ大会で受けた204.49点より23.37点も高い記録だ。わずか一ヶ月の間に、キム·ヨナはこれだけ変わっていた。そして一ヶ月後、キム·ヨナはまた、どのように変わっているか。その想像の先には、おそらくキム·ヨナの五輪2連覇というハッピーエンドがあるようだ。

「妖精」から「女王」に

想像もできなかったことだった。韓国のフィギュアが、世界を制覇するということ。たまに在米同胞のフィギュア有望株たちが出てきたというニュースも不思議弾性を上げた、その程度がわずか15年前、韓国フィギュアの現実だった。’フィギュアの伝説」カタリナ·ビットと「氷の上の女王」ミシェル·クワンを知っている人にも「フィギュア」は、時々TVで「スポーツ特集」の時間にでも見ることができていた遠い国の話のような憧れの対象であっただけだった。そうだったフィギュア不毛地大韓民国に ‘キム·ヨナ’というフィギュア有望な人が姿を現したのが10年前、2004年にさかのぼる。2004年世界ジュニアグランプリファイナルで準優勝したキム·ヨナは、国際舞台で名前を知らせ始めたキム·ヨナは1年後の世界ジュニア選手権大会準優勝とジュニアグランプリ優勝して韓国フィギュアを牽引していく次世代の材木で注目された。特に、2005年3月の世界ジュニア選手権女子シングル銀メダルは韓国選手初の世界選手権のメダリスト誕生という新しい記録を残した事件(?)だった ‘キム·ヨナの時代」を発表出発音だった。

 

20140111_03

 

この時からキム·ヨナが踏み出す一歩は、新しい歴史がされ、キム·ヨナの登場は韓国フィギュア100余年の歴史を華やかに変えた。2006年3月の世界ジュニアフィギュア選手権で優勝した後、2006〜2007シーズンにはショートプログラム「ロクサーヌのタンゴ」とフリースケーティング’ヒバリの非常’を持ってキム·ヨナがシニア舞台にデビューした。2006年11月の国際スケート連盟(ISU)フィギュアシニアグランプリ4次大会、12月のグランプリファイナルで金メダルを獲得し、世界フィギュア界にキム·ヨナの名前をちりばめたシーズンがすぐに2006〜2007シーズンです。しかし、負傷という変数に足かせになって世界選手権(シニア)で韓国初の銅メダルを収穫するために満足しなければならず、股関節や腰の負傷は、「コウモリ」と「ミスサイゴン」を持って出てきた2007〜2008シーズンも継続され、キム·ヨナは二回グランプリシリーズとグランプリファイナルまで金メダルまで総なめにしたが、2008年の世界選手権では再び正常に上がらず、2年連続銅メダルの首にゴンチェ表彰台に立たなければした。キム·ヨナの全盛期が本格的に始まったのは大怪我せずに取り組んだ最初のシーズン、2008 – 2009年シーズンからだった。「死の舞踏」(ショート)と「シェヘラザード」(フリー)で世界フィギュアの舞台を平定した。「スケートアメリカ」を皮切りに「カップ·オブ·チャイナ」を経て常勝疾走して、国内で行われたグランプリファイナルでは2位にとどまったが、世界選手権で初めて優勝をしながら、その物足りなさをさっさとはたいた。当時キム·ヨナの合計点は207.71であった。新採点制の導入後、200点を突破した初の女子シングル選手になった瞬間でもあった。新採点制度は、判定の公正さを確保することに焦点を当てた制度だ。

 

20140111_04

 

審判のテクニカルパネル(Technical Panel)と審判(Judge)に二元化してテクニカル·パネルは、選手たちの技術がどの程度正確かを判断し、審判は各技術の加算点を結ぶことで、選手たちがやり遂げなければならない課題についてテクニカルパネルと審判の判定を総合したものが技術点数(TES)、ここで審判は技術要素を除いて全体的に選手の演技がどれだけ優れていたのかを判断する採点を別々にする、これを総合したものが芸術点数(PCS)だ。TESとPCS、および実行されなかった課題と実数の減点をすべて加えたもの選手が繰り広げたプログラムの総合スコアとなる。簡単に言うと正確な技術をどのように芸術的に消化するかが新採点制の骨子だと見ているが、そのような面で、キム·ヨナは新採点制の最適化された選手とすることができる。’200点突破」程度で終わる上昇はなかった。ライバル浅田真央との間隙をますます広めていって2008〜2009シーズンから少しずつ開始されたキム·ヨナの独走は、ボンドガールに変身した五輪シーズンに確実に明らかになった。007ジェームズ·ボンドメドレー(ショート)」、「ジョージ·ガーシュウィンのピアノ協奏曲ヘ長調(フリー)」の旋律にキム·ヨナの強烈で魅惑的な姿が加わり、自分が持っていた最高スコアを更新していき、その勢いはオリンピックまで続いてキム·ヨナは去る2010年バンクーバー五輪でショートプログラム(78.5点)とフリースケーティング(150.06点)までの歴代最高点である合計228.56点で金メダルを獲得し、選手としての頂点をとった。2004年ジュニアグランプリで準優勝し、フィギュアの妖精と呼ばれ始めてから6年ぶりにキム·ヨナは世界フィギュアの女王で華やかになった。

ヨナの新たなスタートは、「大切な贈り物」

その選手としてのキム·ヨナの旅は終わり、私は思った。成すことを成し遂げたから当たり前だとも思った。しかし、ファンの残念な気持ちを知っていただろうか。2011年世界選手権の後、しばらくスケートを脱いでリラックスしていたキム·ヨナが電撃現役復帰を宣言し、ソチ冬季オリンピック挑戦の意味を明らかにした。復帰作に持って出てきた作品は「吸血鬼のキス(ショート)」と「レ·ミゼラブル(フリー)」。2012年12月NRWトロフィーを使って軽やかに体を緩め、2013世界選手権で優勝し、女王の帰還を知らせたファンには氷に立った彼女をもう一度見る楽しさを、キム·ヨナを仰ぎ見ている後輩たちには「五輪出場のチャンス」という大きな贈り物をもたらした。

 

20140111_05

 

世界選手権では優勝選手の国のオリンピック出場権3枚得られる利点があるので、韓国はキム·ヨナの優勝でキム·ヨナの他に二人がより多くのオリンピックに出場することになった。そして、その贈り物を受けられた幸運の主人公は「ヨナキッズ」のリーダーであるパク·ソヨンとキム·ヘジンに決定した。キム·ヨナを見てフィギュアの夢を育てて知らず知らず、キム·ヨナから多くの影響を受けているが、これらは同い年のライバルであり友人だ。キム·ヘジンは、「私たち同士はライバル意識がない。もちろん、ゲームをするときは、競争をするがように訓練し、同じ道を行く仲間であるだけだ。そして(金)ヨナ姉がソチで引退をするから、その後にまたこのような韓国選手たちがいることを(泊)小宴と一緒に見せてあげたい」と自分の考えを明らかにした。パク·ソヨンも「ソチ冬季オリンピックが(金)ヨナの姉の最後の舞台だと見ると悲しくも、それでもたくさん学び、またヨナ姉と(金)になったとのように笑いながら戻ってきたい」と先輩キム·ヨナと仲間のキム·ヘジンと一緒にするのオリンピックに対する期待感を現わした。そして、両方の戦闘機こう付け加えた。’ヨナ姉と一緒になって光栄」と呼ばれる。オリンピック出場の機会をもたらしてくれ、自分たちの偶像でもあった先輩とのオリンピック同行、そしてその先輩の最後の舞台を間近で見ることができる幸運に、このすべてが「栄光」という言葉の中にも入っているようでもある。オリンピック前最後のステージ(総合選手権)も並んで表彰台に立った三人の大韓民国オリンピック代表フィギュア選手たち、ソチでもそんな絵が描かれるといいのですが成り立つことができないのがまた冷静な現実である。しかし、パク·ソヨン、キム·ヘジンとアイドルキム·ヨナと同行は美しい思い出と一緒に大きな経験という、よりもう一つのプレゼントとなるであろ信じる。

 

20140111_06

 

4年前とは違う

キム·ヨナは4年前とは明らかに異なっている。今回はオリンピックを準備した過程も短く、大会を参加コンディションを引き上げる部分も少し残念だった。体力的な部分も確かに4年前とは差があるだろう。ところで、「オリンピック優勝」を疑うこれはほとんどない。むしろ「クラスが違う」という話をして五輪2連覇は当たり前のことのように言う。キム·ヨナの競技を見ていると自然にうなずけるなる坪でもある。キム·ヨナを近くで見守ってきたISUテクニカルスペシャリストであるチョン·ジェウンの氷上連盟審判理事は「4年前、私はクァク·ミンジョンのコーチとして、カナダに行って、今回のソチオリンピックを控えてキム·ヨナのプログラムが出てきたときに、技術的な面をチェックしてくれたりしたため(金)ヨナをもっと近くで見ていた。4年前に力の強さ、すなわち、エネルギーが絶頂だった最高の競技力を上げた状態であった。しかし、今はアスリートとしての身体的、精神的にも年齢が少しある方なのは事実あるので、力の強さはちょっと減ったと見ることができる。次に、ジャンプの質がトルオジヌンゲダンヨンハンデ、ヨナはジャンプがより良くなった。ジャンプと技術の要素が良くなっただけでなく、体力的に不足しているたい部分を、自分の表現力や美しさに満ちている。4年前に比べてエネルギーは落ちたかも知れないが、プログラムがよりタイトに満ちたようだ」という評価をした。キム·ヨナも4年前よりは難しい部分があるとした。「訓練するときは、確かに大変な部分が多く、努力している部分も多い。しかし、競技する時は、むしろ負担が減る。今の経験も多く、私はすでにオリンピックで金メダルをタブワトたから競技をするときは、負担感を打ち明けていい試合をするようになるだ。 ” ただし、体力的な部分については、「ゴールドスピン·オブ·ザグレブ」よりも上がってきたが、ロングプログラム(フリースケーティング)を完璧にするために、体力をもっと引き上げることに集中するという意味も明らかにした。チョン·ジェウン審判理事も体力的な部分は、残りの期間、補完すべき課題として指摘した。「普通のフリースケーティングの場合には、4分にわたって100メートルのランニングかのように動くことができないので、二度ほどでは表現力が重点となるプログラムに息を均等にすることができるタイミングを与える演出を絞る。キム·ヨナのフリーも休むタイミングがある。ところが、その休みのタイミングでも様々な表現をしながら足使うから息を大きく回す時間はありませんので、最後までスタミナを持って行くのが容易ではないだろう」と分析した。

 

20140111_07

 

過去の総合選手権大会フリースケートでダブルアクセルを跳ばなかったのも同じ脈絡で見る視線が多い。総合選手権大会中継放送の解説を務めた変性されたKBSフィギュア解説委員は、「総合選手権を見ると、ステップとスピンに力を入れていたので、その部分は、スコアをすべて引き上げたが、どうしても体力が最高潮ではない見たら、最後にダブルアクセルをする力が少し足りなかったようだ」と分析した。そして、もう一つの未知の事実を耳打ちしてくれた。「代表チームで太る時期のキム·ヘジンとパク·ソヨンのために体重管理プロジェクトを実施したところ、(金)ヨナが後輩たちと一緒にしてくれたいと一緒にしたことで分かっている。しかし、後輩たちは欠かさず、むしろヨナだけ肉が落ちたことを聞いた。負傷のため筋力トレーニングができなかった状態で、肉も抜けるから、相対的に力がない状況ではないかと思う」とした。しかし、一ヶ月間の時間があり、あまりにも基本的な体力が良い選手だ心配する必要はないと付け加えたが、「1日に4分のプログラムを二時間であれば熱セットずつする選手がすぐヨナだ。また、合わせて、また合わせて機械のように合わせる選手だ。常時この程度の練習をする選手なので、基本的な体力を持っている選手なので、オリンピックでは大きな問題にはならないようだ。むしろ世界新記録まで見通せるようだ」という慎重な見通しを発表した。オリンピックは4年に一度あるので、審判も得点をもっと高くする雰囲気があって、現在の足りない部分というのが、5%程度の体力と見れば、新記録達成は十分に可能だという話だ。ここまで来れば、キム·ヨナの優勝は当然見えて、どの程度の記録で優勝するかがカギだという気もするが、肝心のキム·ヨナ本人は覚悟ではなく、「最後まで楽しみたい」という言葉が全てだ。

 

20140111_08

 

どのような長い言葉は必要だろうか。プログラムでは集中している彼女の表情から、誰よりも高く飛び、ずっと走る、ジャンプ一つ一つから、一歩一歩踏み出すステップの正確な技術を駆使して、スピンで十分に感じることができる。着実に訓練して自分を節制してきたキム·ヨナのその長い時間を。今、彼女は氷の上を離れる準備をしている。2月21日、ロシアのソチで開かれる最後の舞台が彼女の言葉通り、楽しくて幸せいっぱいしてほしい。私たちは彼女のために多くの時間幸せだっ​​たように。

 

***

最後のポエムに泣かされたw

確かに四年前とは違う。ヨナが競技生活を終える瞬間に、最高に楽しく幸せであるように。国籍関係なく、ファンの思いはひとつです。

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントをお待ちしております

2018年10月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

記事一覧

Twitter