ソチ大胆予想と良記事自動翻訳

[チョ·ヨンジュンのフィギュアインサイド]キムヨナと挑戦者、自国大会で誰が笑ってや

20140113

[エクスポーツニュース=チョ·ヨンジュン記者]

去る12日(韓国時間)、米国マサチューセッツ州ボストンで’2013米国フィギュアスケート選手権大会」が幕を下ろした。そして同じ期間、カナダでも自国の大会が行われた。

今年の全米選手権では、グレイシーゴールド(18)が優勝を占めた。彼が受けた点数は211.69点だった。新採点制の導入後、この大会女子シングルで出てきた最も高い数値だ。そしてカナダではケイトゥルリンオスモンドゥ(18)が207.24点を受けて頂点に立った。

これで今季の国内大会で200点を突破した女子シングル選手は8人になった。

自国で開催された大会で受けた点数は国際氷上競技連盟(ISU)の規定上、公式スコアとして認められない。自国大会の特徴は、国際大会と比較して高い点数が下される。2014ソチ冬季オリンピックを控えた今年のシーズンには、この傾向が顕著になった。

キム·ヨナは今月初め、京畿道高陽市オウリムヌリ氷床で開かれた’KB金融コリアフィギュアスケート選手権2014(第68回全国総合選手権大会)」で227.86点を受けた。オールシーズン自国大会で受けたスコアの中でも、キム·ヨナは、最も高いところにあった。 国内大会で受けた得点について、キム·ヨナは「私だけでなく、他の選手たちも、国内大会では高い点数を受ける。重要な国際大会の得点」と述べた。

彼の言葉通り、自国で開かれた大会で受けた点数は大きな意味がない。しかし、ソチ冬季五輪を控えて選手たちの技量を確認できる資料は、することができる。米国-ロシア-日本、エースの不振の中に’2因子」の急浮上したキム·ヨナは国内大会で227.86点を受けた。フリースケートで出てきたいくつかの小さなミスが残念ですが、彼 ​​の技量はまだ独歩であった。

また、海外のメディアもキム·ヨナの点数について疑問をも出さなかった。 米国のAP通信は「米国の選手の中でキム·ヨナに挑戦する者はいない。他の国でもキム·ヨナを脅かすほどの選手は見られない」とし、キム·ヨナの圧倒的な競技力に賛辞を送った。

国際オリンピック委員会(IOC)も、公式 ホームページを通じて、キム·ヨナの五輪2連覇の可能性に大きな関心を示した。 キム·ヨナは4年前のように揺れず、オリンピックの準備をしている。

一方、挑戦者たちはお互いに二転三転する様相を見せている。 オールシーズンの国際大会でキム·ヨナ、次に高い点数を受け、これ鈴木明子(28、日本)だ。昨年12月に開催された全日本選手権大会で鈴木は215.18点を受けた。(公認最高スコア:199.58点-2013ワールドチームトロフィー)

ロシア選手権では、アデリーナソートニコバー(18、ロシア)が212.77点を受けた。オールシーズングランプリファイナル準優勝者であるユリヤリーフニッツカヤ(15、ロシア)は210.81点を記録した。

また、米国もグレイシーゴールドと211.69点を抱かせた。

オールシーズン、ロシアのエースは断然リーフニッツカヤであった。彼は二回のグランプリシリーズ(スケートカナダ、ロシアのロステレコム杯)で優勝を占めた。また、グランプリファイナルで浅田真央(24、日本)に続いて2位に上がった。この比較ソートニコバーはダブル出場したグランプリ(カップ·オブ·チャイナ、 フランスエリックポンパル)の両方で準優勝にとどまった。グランプリファイナルでも5位に留まってメダル圏進入に失敗した。しかし、国内の大会では、リーフニッツカヤを追い越して自尊心の回復に成功した。

日本選手権でも「エースの没落」が続いた。’日本フィギュアの看板’浅田真央は、自国大会で200点を超えられなかった。今季一度も成功できなかったトリプルアクセルはもちろん、他のジャンプが揺れながら低迷の戦いを繰り広げた。199.50点にとどまった浅田は、全日本選手権で3位にとどまった。浅田が揺れるたび「百戦錬磨」鈴木明子は生涯最高の演技をして1位に上がった。

米国も似たような状況が起こった。2010 バンクーバー冬季オリンピック以来、アメリカのフィギュアを代表してきた アシュリー·ワグナー(23)が崩れた。全米選手権3連覇に挑戦した彼は182.74点にとどまり、4位に後退した。不振ワグナーに代わって新たなフィギュアフィギュアの女王に即位したこれはゴールドだった。 金は、過去2012〜2013シーズンシニア舞台にデビューした。いくつかの大会でメダルを獲得したが、まだ優勝経験はない。しかし、今回の全米選手権で「ポテンシャル」を挙げて新たなダークホースとして浮上した。

「アメリカのフィギュアの伝説」ミシェル·クワン(34、米国)は、フォックススポーツを通じて「金の技術的なスキルは、キム·ヨナと比較することがあるほどだ。オリンピック金メダル獲得の可能性もある」と褒め称えた。

一方、4位に終わったワグナーはソチ冬季オリンピック出場脱落の危機に追い込まれた。しかし、米国フィギュアスケート連盟(USFSA)は最近3年の間に安定した成績を上げたワグナーを捨てなかった。USFSAは、全米選手権が終了した後、2014年ソチ冬季五輪に出場する最終的な選手を発表した。 ソチ冬季オリンピックに出場するアメリカの女子シングル選手の3人はグレイシーゴールドと2位に上がったポリナーエド(15)と、ワグナーに決定した。USFSAは全米選手権の成績はもちろん、最近の国際大会の成績をもとに、米国フィギュア代表を選定したと伝えた。最終的には全米選手権3位を占めた長洲未来(22)の代わりに、国際大会で注目すべき成績をおさめ ​​たワグナーがソチ行きの終電に乗った。

新旧の競争が予告されるソチ冬季オリンピック キム·ヨナと浅田真央と鈴木明子は2010年バンクーバー冬季オリンピックに続いて二番目のオリンピックに出場する。米国は、2010年バンクーバー冬季オリンピック女子シングル4位に上がった長洲未来ではなく、安定した成績を上げたワグナーを選択した。ここに新しい米国のチャンピオンゴールドに大きな期待を寄せている。 ロシアの子供の期待の星は、ホームグラウンドでのメダル狩りに出る。キム·ヨナの牙城に挑戦する人々は、4年前と比べて大きく変わった。

キム·ヨナは昨年3月、カナダ、ロンドンで開かれた世界選手権で218.31点を受けた。そして今季、自国大会で受けた点数も圧倒的だ。キム·ヨナが揺れない場合、異変が起きる可能性は低い。今回のソチ冬季オリンピックは、4年前に比べてメダル圏進入競争がさらに激しくなると予想される。

チョ·ヨンジュン記者spacewalker@xportsnews.com

***

日本、韓国に続き露・米・加のナショナルが終了し、ソチの代表が決定しました。

数日前にテレビを見ていたら、韓国コメンテーターが「今回はヨナVS真央ではなく、ヨナVSその他の有力選手だ」と指摘していました。前回冬季五輪の状況とは確実に違いますね。バンクーバー後のルール改正や年齢、怪我による調整の遅れなど様々な要因がヨナの優位を弱めました。

ナショナルでゾクゾクと200点超えのスコアが記録されています。その数名が一並びで混戦状態にあると見ます。ミスを犯したものが負け。そんな感じでしょうか。流石のヨナも盤石ではないと考えています。

扇情的な見出しで日韓対決を煽るメディアもありますが、比較的この記事は冷静に分析しているのではないでしょうか。

てかあっこちゃんの名前が韓国メディアに出てるのがうれしーーーー(*´ェ`*)

【参考・各国ナショナル得点】

1 キム・ヨナ       227.86
2 鈴木明子        215.18
3 アデリナ・ソトニコワ  212.77
4 グレイシー・ゴールド  211.69
5 ユリア・リプニツカヤ  210.81
6 ケイトリン・オズモンド 207.24
7 村上佳菜子       202.52
8 エレーナ・ラジオノワ  202.01

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントをお待ちしております

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

記事一覧

Twitter