オーサーの二枚舌に韓国が呆れた件

さて。いろいろ書きましたがもうソチ五輪開幕が目の前です。黒い気持ちはもう忘れて、張り切って応援していきましょう!ということでネタ探してきましたw

韓国のネットニュースを見てると「ドコドコの国のダレダレがコウイッタ」という報道が散見されます。特に日本の報道は「日言論はコウイッタ」と物凄く早く記事になります。ま、日本人(日本のマスコミ)も「外国から見た日本人」話を聞きたがりますのでどっちもどっちですかね。さて。こんなのがありました。

[ソチD-2]旧ソ連代表チームのコーチ、「キム·ヨナ、バンクーバーよりも優れている “

(ソウル=ニュース1)姜大虎客員記者=旧ソ連とウクライナのフィギュアスケート代表チームのコーチを務めていたバレンティンニコラエフがキム·ヨナ(23)の現在の技量が2010年バンクーバー冬季オリンピックの時よりも良いと好評した。

ロシアのスポーツ日刊紙「スポルト – エクスプレス」は5日、バレンティンニコラエフは「バンクーバーでキム·ヨナは伸びたように見えたが、今氷の上での動きがより困難である。4年前に音楽を引くことを前提とし、ジャンプから着地までの過程で聞くことができる(氷との摩擦​​音)の音が嫌悪スロウォトヌンデ、今はそうではない」とし「この韓国人がこれほど多くの着地をしたんだと思う。切歯腐心したようだ “と言った報道した。

オリンピックディフェンディングチャンピオンのキム·ヨナが他国の指導者ハンテ練習量と精神力を賞賛したのだ。

一方、ニコラエフが導いた弟子には、1994年冬季オリンピック女子シングル金メダリストのオクサナバユル(36·ウクライナ)が有名である。

 

20140205_02

 

へー。そんなこと言ったんだ。と露国へ飛びます。いやー一生懸命探しましたよ。ヨナ単独記事だとばっかり思って探したのでさっぱり見つかりませんでした。やっとみつけた元ネタ、スポーツエキスプレスの記事はこちら。そのまま全文載せますが長いのと自動翻訳が微妙でございます。ただ、各国選手の総評と技術的なことに言及していますので面白いインタだと思います。気になる方は露語能力者の方に土下座して頼んでみてください。

 

「ロシアは欧米で、チームのトーナメントを勝てば、彼は関心がないと言って “

20140205_03

ヘレナはVaytsehovskyを仲間

ソチオリンピックの翌日、プログラムはトーナメントチームのスケーターが開きます。エフゲニープルシェンコとジュリアLipnitskayaから期待すべきか、このスポーツに新しい規律していますか?これはソ連バレンニコラエフの光栄トレーナー主張している。

アルベールビルでは1992年に、そして2年後 – リレハンメルで自分の選手ヴィクトール·ペトレンコとオクサナバイウルは、オリンピックチャンピオンになった:ガリーナニコラーエワZmievskoyと並行して仕事の12年のためのユニークな成果を達成しました。オリンピックコーチの結果を予測しようとする私の要求で、私は電話でアメリカのリッチモンドを探し出し笑った

– すべての選手が氷上で今シーズンを見てきましたので、私は、完全な情報を持っていない “ライブ” 細胞を用いた透明紙 – しかし、ある程度起因するスクリーンメッシュにハングアップ実際にテレビ画像から最大限の情報を引き出しことを学んだ。それは氷の上で競技者の速度を決定するためにはるかに容易になる。そしてそのためには、判明しなかった結論は…まあ、我々はあなたと私をご希望されないように、のは言わせて。

– どのような意味で?

– さて、あなたは女性のフィギュアスケートでレースしたいと思いますので、ジュリアLipnitskayaに勝った?

– どちらかAdelinaのSotnikova。

– 右。しかし、他のあまりないこと、その1を獲得するチャンス。競争はロシアで発生したという事実にもかかわらず。

クモの糸Lipnitskaya

– より具体的であれば?

– それは入らない場合の部分は非常に困難に乗っヨンジュンキムを回避することに同意します。浅田真央が強すぎるが、それは深刻な「穴」だ – 時々Lipnitskayaが来るのと同じもの:間違ったエッジからのルッツ、実行可能。私はゲームのようなものが特に厳しく判断されると確信しています。そのため、トリプルアクセル浅田はよくトリプル、ダブルよりも司法のプロトコルであってもよい。

しかし、私はすでに述べたように、Lipnitskayaもルッツに問題がある、と私は言うことができるように彼らは、解決されません。ジュリアとその外側のエッジからこの飛躍を行うと言いますが、そうではありません。彼女は本当に外縁にスケートを維持しようとしますが、エッジの内側の円弧を通過している間。この場合には、裁判官はまだ処罰。プラスLipnitskaya非常に「虚弱」アクセル。一般的に私はそれはジュリアが自然から回転速度を巨大なことに基づいてジャンプすると言うことができます。私の初期の90年代のジュニア世界チャンピオンとして、1時間は3クアッド増ワシーリーエレメンコを練習。しかし、これは、私は彼にそれを教えていることを意味するものではありません。彼は自動車に乗るの素晴らしい感覚に恵まれた。準備なし何も行って行うことができます。

Lipnitskaya非常に薄く軽量で、伸縮性が、それはジャンプしない。そして、それはキムとアサドだけではなくよりもかなり低くなるが、それでもアメリカグレイシー·ゴールド、さらに大きい程度になること – ポリーナエド、電源をオンにジャンプし、完全に男性の振幅。まだエドが原因で頑固な司法の伝統の誰にも脅威でなかったもう一つの問題は、特に新規参入者たちのスポーツに歓迎されていません。

アメリカ人は一般的に興味深い状況。彼らは代わりにアシュリー·ワグナーを入れ、オリンピックチームミライ長瀬から切り離されているすべての原則に反する。なぜこれが起こった – それは明らかだ。ワグナーは、積極的にantigeyskogo法律違反のプレスで表した。しかしUSFSAの大半は – ちょうど従来にない人々を指向。そして、それは決め手だった。なおさら明らかにそれはソチのどちらも1も他の結果が成功しないことが明らかにされたため。長瀬は重く、不器用、ワーグナーは氷の上でよさそうだが、いずれの明るいホップも明るい感情を示すことができなかった。そして彼女は何をするだろう場合でも、それは結果の多くではありません。

– あなたはバンクーバーでヨナキム何であったかを比較し、それが今何の場合は、変更が重要です?

– バンクーバー、キムはとても成長しました。今では、氷の上に移動させることが困難となっていますが、私はそれがスケートをシャープに悪いと感じずにはいられない。不足している空気感。四年前、キムは、音楽をオフにジャンプする反発音が聞こえますが、聞くことができなかった走行する時は – タッチダウン。すぐに目立つ – 特に繰り返しに – どのように多くのパン粉氷オフは着陸韓国人に出スケート。そう見えたと歯ぎしり。

ところで、私はLipnitskayaの技術と要素の「浅さ」のすべての欠点は、それはいくつかの無重力クモの糸のスケートをカバーするだけの事実がスケートが好き。より多くの空気中でスピンのように – と自分の道をスケート。小型軽量 – ここでの問題はジュリアことではありません。これはかなり異なっている。氷をオフにプッシュする機能 – を含む。人が前方に代えて押し上げられた場合、着弾ガラガラに得ることのチャンスは非常に小さくなる。

– あなたはAdelinaのSotnikovaの可能性について何を言うことができますか?

– この選手は、ところで、私は本当に好き。彼女はいいジャンプが、簡単に十分なスケートは氷の上飛ぶことを感じることはありません。絶えず涙を感じた。そして、すべての上で、彼女は舞台で剣闘士のような出てき始める。私は、ところで、ロシアのコーチのサイト上で、チームのトーナメントの交換が女の子用です作られます。2トーナメントの最初から最後までスケートをするのに十分な経験がLipnitskayaもSotnikova何もありません。ジュリアは、それに対処するより多くのチャンスを持っていますが。

ハンター本能

– あなたは私たちの会話の冒頭でスピードについて語った。Lipnitskaya Sotnikova、それは金と浅田のそれよりもはるかに低いことがありますか?

-ネットスピードはあまり重要ではありません。重要な清浄度スリップ。そして、これは自然な品質です。それは教えること、開発することができます-ではない。オクサナバイウルは、最後のシングルからの絶対純度の滑りがとてもセルゲイ·ボルコフあった。でも、急なアメリカのティム·ウッド滑っ(世界チャンピオン1969、1970、およびオリンピック·1968年の副チャンピオン- 。約EV。)。ダブルアクスルのカップル、いくつかの曲線サルコウは、プログラムで構成され、尾根から離れて見てはかなり不可能であった。すべてが、きれいなきちんとした、任意の迅速なターンアラウンドです。

– この品質は誰ですか?

– パトリック·チャン、トーマス·ヴァーナー、譲漢です。最後の数は、すべての日本人が、彼は「乗り物」のように、氷の上に「たむろ」。同じ印象カロコストナー。彼女はジャンプしないかもしれないが、それは見ていきます。

– そして、何それは非常に難しい手順はありませんので、コスナーはすぐにのみロール広まっ信念はどうでしょうか?

– それは真実ではない。いくつコスナーを作る段階、、のほとんどは、クリーンodinochnits繰り返すことができるようになります。私はそれが階段にどのように機能するかを見た – オーベルセミナーで過ごした数回とコーチはカロライナはすでにそれをやろうとしている近くのスケートリンクで15分後に、いくつかの新しい練習について·コスナーを教えなければならないことに気づいた。そして、すべての演習は、その下に収まるように私を示している。まだ絶対的な純度を達成するまで、それは彼らができます。その後、速度を増加し始める。そして、それは時計のこれらの要素で動作します。

ダンサーとして – 多くは今複雑な工程と呼ばれるものを、多くの場合、歯に氷の上で走り回るまで減少。一度、質問へのクリストファー·ディーンの素晴らしい答え、どのようなライディングのソ連スタイルからそれらを区別します。

– そして、何?

– 彼らはジェインTorvillはなく、常にまっすぐより円弧に滑っているという事実。

– タチアナタラソワは冗談めかして、最後のヨーロッパ選手権で、彼はエッジに乗る方法を知らないダンス活動マウリツィオマルガリート、と彼のコーチングの仕事の頂点を考慮した。

– 本契約で完全にタラソワ。これは一般的に、特別なコーチング芸術である – 十分な平凡なデータを持つ選手は、はるかに有能な相手を打ち負かすようになったツールを見つける。端に立って問題となっているスケーター、滑りの感覚を作成するためにかなり迅速に “ミンチ”足を余儀なくされた。これは、偶然にも1度にかなり成功して氷の上に様々なラッシュを結ぶ、オレグプロトポーポフ従事。ところで、私は面白いパターンに気づいた:人は、彼が乗って道を歩く。すべてのクールなスケーターはハンターとして行く。と家が揺れるように彼のかかとで床をノックしている者は、彼らもvozisであまり移動しない。どうやら、 “ハンター”理想的には、いくつかの細かい運動の動きを備えています。そして彼らは直感的に加速する機会を見つけ、スケートで自分自身を見つける。

モデルプルシェンコ

– 男性に戻る。チャンと漢の間の紛争への楔ハビエル·フェルナンデスですされていますか?

– 簡単!感情 – また、彼のスケートでチャンに存在しないものです。パトリックはロールのため正確にどのように中国の話 – イントネーション、および転送しない。すべてではないが、それを知覚。同じLipnitskayaが目を通して氷の上で作業することを学んだ、程度に顔と体は、人々は音楽がそこに住んでいると思うのは良いです。それだけで、プロの仕事です。ジュリアは自分の後に1日はプログラムを駆動することにしたかについて話しました “感を。” と来た – 3要素なし。

– あなたの注意を引き付けることができ、男性の会社で他に誰です?

– まあ、それは何を、誰にもわからないです – プルシェンコ自分に注意を喚起します。

– あなたはすでにエフゲニー今シーズンのスケートを見てきました?

– もちろん。まず第一に、私はロシアジェーニャの優勝は今、彼はこのスコアに言うことができることを非常に真剣に準備していることを見ました。そして、それは物理的な強さ、そして意志と自信がありません十分ではありませんでした。まあ、はい、彼は「ダース」をnakidali – と笑ったり泣いて。私は穏やかにそれを置くために、周りのロール人の「数十人が “どのように置くことができ、問題ではない?はい、彼はすぐに氷の上を移動する – 彼はこのことを学んだしていなかった場合に実行するように多くの年後に、それは奇妙なことである。しかし、それはスケートないです。それは「10」に設定されている場合や、その後どのように多くはチャンを置くべきか?

– しかし、それは、そうであっても何年後とユージン理想的なホッピング技術ジャンプがすべての彼のライバルをジャンプしていないことができます?

– スケートには理想的な手法はありません、全く存在していない – それは神話だ。ユージンは間違いなく非常に有能な選手である。プラス – シャープと高速。しかし、彼の技術は、すべての動きが非常に慎重に体プルシェンコとモータの品質の特性に一致しているという意味で理想的である。彼は完璧に再び前モデルに収まるとそれを動作させるために体重を減らすためにかなりいた。同じアーサーGachinskyに、この手法は機能しませんでした。ので、彼女 – は、彼の。凹部に船乗りのように – それは彼のすべてのジャンプアーサーは絶望の内側の叫びに行くことを、見ることができます。

わたしは道、それは遺伝子がゲームに参加することを決めたようだ、まだ他の車を確認する必要があります。二次トーナメントでいるとします。あなたが訓練する必要があるため、あまりにも、競争する能力。もちろんそれの残りの部分、良い。氷に行ってきました – そして、すぐに目に見える欠陥マキシムKovtunになりました。この場合、それらは一時的ですが。

– あなたは何を?

– ちょうど若者の運動角特性について。一度にすべて同じことがスラバZagorodniukとヴィクトル·ペトレンコた。良いスピードで、乗り物、優れた振幅を持つすべてのトリプルジャンプをありがとうございます。ビクターは、訓練を受けていない行ってきました2ダッシュを作った – なしグローリーさえ閉じない。人々は、同じ氷の上で比較する機会を持っている場合には、大人の男と少年の違いは、目を引く。

抽選券

– チームトーナメントに興味がありますか?

– いいえ。まず、フィギュアスケートが原因 – 個々のスポーツです。チーム順位を作りたい?さて、その結果を取得し、個々のトーナメントを追加し、それがすべてです。

– しかし、あなたはプルシェンコがチームトーナメントでオリンピックチャンピオンになる場合、世界は耳に落ちることを知っていますか?

– 起きないようにしてください。世界で – 、その値。ロシアは、チームのトーナメントを勝てば、欧米のメディアはすぐに叫んで開始そのロシア無利子のほかにこの大会。それはカナダ人やアメリカ人の利益になるなら、レスポンスはかなり異なるだろう。しかし、すべてこれは問題ではありません。それはそれを運ぶようになった場合は、単にチームトーナメントで、結果だけを追加するよりも、いくつかのより多くの陰謀が存在しなければならない。ウクライナが提示され、この大会になりますと仮定します。この国のデュオのためのペアでフリップが2倍になります。それは誰かは興味深い?いいえ。それはオリンピックのレベル、およびウクライナのチャンピオンシップではありませんので。

– ペアでフィギュアスケート、結局のところ、あなたが従う?

– どうして?このビュー – すべて面白い。すべてが非常に依存しているためだけで、各スタンドはありません。氷の上で起こっていることすべてが、コーチに閉じてしまった場合は、結果を作る可能性がある。同じことIF – パートナーとの関係自体は、結果はおそらくないでしょう。そして、残念ながら、目は最初よりも一般的である。ペアは精神病のまわり始めると、さらに悪いことに。すべては、彼らが無敵であるかについて話をお互いに競ったとき、私は、例えば、非常に、今シーズンの初めにVolosozharとTrankov周囲の状況を心配。人々の周りにそのような誇大広告を上昇すると、そのハード維持する。

– ロシアのスポーツの統括団体、ソチでの競争の終了前に押すだけで、アスリートの連絡一切禁止ところで、。

– また、ナンセンス。彼はこの権利への配慮が適用される場合、プレスの注目は、人に圧力をかけることはできません。マスコミとの関係 – 世界との関係。あなたは世界から自分自身を解離することはできません。しかし、あなたができるの質問に答えることを学ぶ。人々は彼ら自身が有効であると考えている場合は特に。はるかに大きな悪 – 叫びとロッカールームの開始前に破るスポーツ首長:​​「モスクワは私たちの背後にある」。

– 誰が、あなたの意見では、オリンピックのためのより多くの準備をしなければならない – アスリートやコーチ?

– 選手は特別なものを準備する必要がないようにしてください。来て、訓練のようにスケートしなければなりません。彼が起こっている場所コーチが知らないなら、それは悲しいです。脱穀まだ同じ – ゲームから。野獣のようなそこの選手、。すべてが反応する。コー​​チングの注意の欠如 – が悪い。過剰から始まります – 良いではありません。すべての悩みから、奇妙で珍しいが開始されるため。

– あなたはどんな選手、ソチの感覚を生成する能力を参照していますか?

– はい。ポリーナエド。興味深いことに、アメリカ人は全国選手権がグレイシー金メダルを獲得したという事実にもかかわらず、最初の数字は、そのオリンピックチームだと思います。

– そして、どのように可能なことでしょうか?

– 非常にシンプル。アメリカ人は伝統を持っている:彼らは力の真のバランスを想像するだけでなく、彼らのチームは、アルファベット順ではありません呼び出します。したがって、このリスト内の最初の数エドです。グレイシー·ゴールドは、しかし、要素の興味深いセットは自慢することはできませんしかし一切、概して、「グランプリ」のステージの一つを獲得したが、。アメリカでは、それだけで人はすでに学習しているプログラムに含めることにしました。そして、その – ゴールドに関連して – 十分ではありません。我々はガリーナZmievskayaで働いていたときには、プログラムでのみ教えていたこれらの項目を自分の選手を置く。としない人々は最初の試みでストレスなく行うことができますもの。選手が進ん理由です。このタスクは、それを置くことではない場合は「戻る」を学ぶことです。

あなたは百パーセントわからされていないプログラム要素に含めてはいけません別の問題。それはその213万ドルを演じ知って、宝くじの最後のお金の循環を購入し、待つ、アメリカに来るようなものだ。はい、勝つチャンスがあります。一1.76億。そしてフィギュアスケート。

エレナVaytsehovsky 2014年2月4日15時45分

 

***

ね。露語→日本語の翻訳は韓国語→日本語に比べてまだまだでしょ?露語能力者に土下座して頼めと書いたのは勿論冗談ですが、自分の時間を削って訳してくださる方には本当に感謝しています。だってこの状態じゃ私よくわかんないもんw

あとは元記事を英語に翻訳しなおして見るって手もあります。ダイレクトに日本語に訳すよりずっとわかりやすいです。英語も無理って人はやっぱり土下座するしかないですね。それは私ですwww

いやいや。元はヴァレンティン・ニコラエフ氏のソチ五輪展望インタの中の一節なんですね。しかも結構な長さでしょ。ホントよく見つけてきて速攻記事にしましたよね。その執念たるや、驚き。

同時期にヨナの元コーチであるオーサーが東スポのインタで「今度は真央の番」と語ったとニュースになりましたが、そちらも早速韓国で話題になってます。

実はこの東スポの記事の前にオーサーは韓国マスコミに対して「キム・ヨナが最強」とコメントしていて、話が違うじゃないかというツッコミ記事も出てます。面白いwww

20140205_04

あんたたち!オーサーのリップサービスに騙されちゃダメよ!日本と韓国両方にいい顔するなんてお手の物、こいつはプーの皮を被った古狸なんだから!惑わされないで!

韓国の記者さんたちはオーサーの発言が悔しくてヨナを褒めてるコーチはいないのかとコレ探してたんじゃないのかなぁ…と深読みしてみましたw

あ、コレは根拠の無い思い込みですのでお信じにならないように願います。

 

最後に引用されてるコメントの原文メモっときます。読めない。笑。これ自動翻訳に打ち込んじゃう用に使ってください。

– Если сравнивать, какой была Юна Ким в Ванкувере и какая она сейчас, изменения существенны?

– В Ванкувере Ким не выглядела такой взрослой. Сейчас она стала сложнее двигаться на льду, но при этом меня не покидает ощущение, что у нее плохо поточены коньки. Пропала воздушность. Четыре года назад при катании Ким можно было выключить музыку, услышать на прыжках звук отталкивания, но не услышать – приземления. Сейчас же заметно – особенно на повторах – какое количество крошек льда вылетает на приземлении из-под коньков кореянки. Значит, появился и скрежет.

***

追記。ウチの旦那に見てもらったらコレ褒めてんのか???って言われてドキドキしました。これは本気で翻訳神に土下座せねばいけないかもしれませんw 以下、旦那の言。「バンクーバーを経てKimは上達した(てかこれバンクーバーの時は上手くなかったって言ってね?)。音楽を切るとスケートの音が聞こえたが、今は着氷の音だけ。…あとは前提(文脈とスケート技術)がわからんからわかんないよ。これ後に続くリプニツカヤとの比較も入ってるみたいだし。じゃねー」

www

本当に普段翻訳してブログに上げて頂いてる方にはお世話になってます。ありがとうございます。翻訳って大変なんだな…いや、想像はつくけれども。

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. エキセントリックBBA 2014.02.06 12:33am

    こんばんは~!

    私もロシア語ちんぷんかんぷん…っていうより語学が…(汗)。英語は電子辞書があればなんとかだからなぁ。旦那さんロシア語OKなんですか?難しいのにすごいなぁ。
    オーサーの東スポの件ですが、なにしろ東スポさんですからね~(笑)。
    韓国もだけど、日本でも呆れてるヒトいると思うわ(笑)。私は疑り深いから原文見て判断するかな?

    • mk5go 2014.02.06 12:51am

      こんばんはー!
      合っているのは日付だけという俺達の東スポさんですからw
      私も読めないなりに原文探してチャレンジする派です。自分の目で確かめないと不安になりますし、間違ったことを書いたまま万が一拡散していくと申し訳ないし。

      いやー…電子辞書もっててもどうかな…自信がない…w

2017年10月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

記事一覧

Twitter