翻訳の間違い後の祭り

ちょっとドキッとする記事があったので。

翻訳の間違い後の祭りまで.. ‘キム·ヨナを振る」大丈夫?

[CBSノーカットニュースユアウェイ記者]

メディアのキム·ヨナを振るのフィギュアファンたちの反発が強まっている。ソチ冬季オリンピックの開幕が一日しか残っていなかったが、あちこちでキム·ヨナと浅田真央の対決構図を狙った刺激的な記事があふれ出ている。実際にポータルサイトに「キム·ヨナ」を検索すると、刺激的なタイトルの中に自動的に浅田真央まで登場するのを見ることができる。フィギュアファンたちのほとんどは、このような状況の原因をキム·ヨナと浅田真央間の競争を煽る過熱した報道姿勢に求めた。

20140207

したフィギュアファンは6日、ポータルサイト掲示板にキム·ヨナと浅田真央のメダルを予測したメディアの外信翻訳記事については「でたらめの歪みの記事」と強く批判した。このファンは「ヤフー英国ユーロスポーツのブログの内容を取得して’英国のメディア」であるかのように歪曲した」とユーロスポーツのホームページソチ冬季オリンピックのカテゴリーのニュース一覧の中で「ブログ」と明記された記事へのリンクを公開した。

実際にファンが問題を提起した記事が報道された時期、ユーロスポーツのホームページのニュースリストに上がってきたフィギュアスケート関連の記事を見ると、キム·ヨナが言及したのは、このブログのニュースがすべてである。去る4日(現地時間)上がってきた「ソチ2014 -ソチの主要なガイドと予想さ:スケート」というタイトルのニュース記事では、スケーティング種目の全体的な事項について説明している。

キム·ヨナは「主要ガイド」のコーナーで紹介されており、「女性の世界チャンピオンを支配するために、もう一度、オリンピックに出る」と説明した一方、浅田真央は、「他の見どころ」(Outsiders)コーナーで”彼女のすばらしいトリプルアクセルジャンプで表彰台の上を望んでいる」と伝えた。最後に、「1960年代以降、カタリナ·ビットだけが唯一のオリンピック2連覇を達成した。プルシェンコとキム·ヨナは悪い兆候」としながら文を仕上げてている。

ファンが最も憤慨した「ユーロスポーツが浅田真央が「金メダル」、キム·ヨナが「銅メダル」を娘と予想した」という内容は、ユーロスポーツではなく、スポーツのデータベースサイト「インフォストラーダスポーツ」の予想のメダル順位で明らかになった。その順位は、オリンピックゲーム、ワールドチャンピオンシップ、ワールドカップと同等であるゲームの結果に基づいて作られた。国内メディアの「後の祭り報道」もまな板の上に上がった。

他のフィギュアファンはこの日、「すでにIOCから2週間前に、6人ⅹ5グループに編成されると通知がされたしキム·ヨナは3グループだった”としながら”ファンたちが変わった組合わせをインターネットに散布したが、国内メディアは、幸運の4グループという報道が継続し、5日になってようやく組の組み合わせが変わったを発表した」と批判した。

消息を接したフィギュアファンたちは”巧みに外信記事を歪曲されることに翻訳してあんな式でエクスポートなんて。本当に失望感が大きい”、 “してください刺激的な記事を入手停止します。オリンピック終わるまでそうなるだろうは、予想したが、すでに花瓶が陶質状況」、「むしろ海外メディアがヨナクイーンながらキム·ヨナの真価を認めてくれるようだ。自国でどのようにこのようなことが起こることがあるのか」などの文を残して憤慨した。ywj2014@cbs.co 。kr 著作権者ⓒCBSノーカットニュース(www.nocutnews.co.kr)

***

まちょっとわかりにくいのですが。要は韓国メディアが海外のニュースを微妙に歪曲して報道してるのを批判してるのかな?翻訳ちゃうやん、ということでしょうか。

堂々と宣言することじゃないけど私は語学難民なので、いろんなニュースはGoogle翻訳様にお任せして読んでいます。多少マシにはなったけど意味が分からないことの方が多いので、おおまかにこんなことが話題になっているんだなーくらいの程度にしか受け止めていません。だもんで「某国がまたこんな事言ってる!」系のことは思わないんだけど。なるべくそういう記事は無視するようにしてるし。

ではなんでドキッとしたのかというと、前記事

オーサーの二枚舌に韓国が呆れた件

でご紹介したヴァレンティン・ニコラエフ氏インタのことなんですが…

まず、韓国ニュースを見たら「旧ソの元コーチがヨナを褒めてる」というインタビューを見つけました。そのちょっと前に東スポで「オーサーが『今度は真央の番』といった」という記事が出ました。だもんで「私はオーサーが真央を褒めたからヨナを褒めてる他国のコーチを必死で探してきたんだなw」と下衆の勘ぐりで記事をUPしたという訳です。

ところが。露語の出来る旦那に、韓国記事が引用したインタの一文を見てもらったら「いや、これ褒めてねくね?」となって困惑しています。なんでも本文にある「не」が訳から抜け落ちているとか。

私は上記にも書きましたが自動翻訳が万能だとはこれっぽっちも思っていないので、ま、そういうこともあるよね☆くらいだったんですけど、旦那がそこをすごく疑問に思ったみたいで、そこの部分だけ訳してくれました。

最初にお断りします。彼はフィギュアスケート全然興味ないです。だからまったく知らないです。スケート靴の構造とか、ルールとか、今誰がどんな成績を残してるとか全然知りません。驚いたことにこの件で初めて知ったのですが、彼は前回の五輪が「バンクーバー」だったことを知りませんでした。

「このバンクーバーって何時の試合なの?」…えっと…
勿論ヨナがヨナが金メダル取ったことも知りません。ただ文章をそのまま訳しただけだそうです。それがこちら。

***

―Если сравнивать, какой была Юна Ким в Ванкувере и какая она сейчас,изменения существенны?

【問い】バンクーバー当時と比較してキム・ヨナの状態はどうですか? 変化はありますか?

―В Ванкувере Ким не выглядела такой взрослой. Сейчас она стала сложнее двигаться на льду, но при этом меня не покидает ощущение, что у нее плохо поточены коньки. Пропала воздушность.

【答え】バンクーバー当時、キムにはノビが見られなかったね。いまは、以前よりタフに氷上を駆るようになったよ。スケート靴の歯の研ぎ方に問題があったわけじゃない。そもそも、カラダにキレを欠いていたんだよ。

Четыре года назад при катании Ким можно было выключить музыку, услышать на прыжках звук отталкивания, но не услышать―приземления.

4年前にさかのぼって見てみよう。キムのスケート中、かりにもプログラム曲の音源をオフにできたと仮定して、はたしてジャンプのたびに氷をハジくような異音が聞かれただろうか? 答えは否だ。聞かれるのは着氷音だけだったろうよ。

Сейчас же заметно ―особенно на повторах―какое количество крошек льда вылетает на приземлении из-под коньков кореянки. Значит, появился и скрежет.

いま、また気になるのは―とりわけジャンプを繰り返すたびに―コリアン・ガール(※キム・ヨナを指す)のスケート靴の下から大量の氷屑が飛びだすことだね。すなわち、またもや、スケート靴の歯で氷を齧ってるのさ。

***

…褒めてませんよね?

なんでも仮定法と比喩を織り交ぜて話してるので半分も分からんといってました。ほのめかし多すぎwだそうです。だもんで訳は全然自信ないそうです。そもそもスポーツの記事や批評は前提となる知識がないとお手上げだと。特にこの方ははっきりものを言わないタイプみたいで同国人にしか通じないような言い方をしてる(ような気がする)だそう。用心深いんじゃない?って言ってました。

この後、この記事の別の部分を翻訳してるブログを見つけました。そちらは褒めているので結論としてはヨナ褒めでもいいのかもしれませんが…

上記の部分はリプニツカヤとの比較も入ってるので(なんでも次にリプのジャンプの軽さに言及してるらしい。ところが旦那にはそれがいいことなのか悪いことなのか分からんから訳せないと。)そこの部分を加味しないとなんともわからんと。

彼がこのインタの一文に妙に拘ったのは「не」の部分がGoogle翻訳から抜けていたから。そこが引っかかっただけでフィギュアには結局興味ないんだよなー。自動翻訳ではこういうことよくあるそうです。「Ким(Kim)」に引っ張られて翻訳ちゃんが勘違いしたんじゃない?とか言ってました。多分韓国の記者さんもGoogle翻訳かけて読んでそれを鵜呑みにしちゃったんじゃない?え?ゴメン自動翻訳に騙された(・ω<)テヘペロって事???なんじゃそりゃ。 で、結局何が言いたいのかというとですね、「私の言ってることあんまり信用しないでね!!!」ってことなんですw

なんかね、私この二枚舌記事かいたら他所様のブログに「オーサーの二枚舌」ってタイトルがならんでてビビっちゃったんですよー。あの、二枚舌って揶揄ってかいてあるだけで、あくまでネ タですから!!!

メディアに聞かれりゃそりゃ悪いことはいいませんよ。リップサービス、わかります???

ネットって怖いですねー。意図とは別の方向に持ってくの簡単ですから。いろんな言葉に惑わされず選手の演技だけ観ていきたいと思いました。

最後にもう一度。このブログはネタブログです。お間違いなく。

参考:絶賛、ゴシップ、そして「大トリ」?韓国メディアのキム・ヨナ狂騒曲。

お願い:フィギュアと露語に堪能な方、訳についての助言をいただけると嬉しいです。

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. エキセントリックBBA 2014.02.08 12:18am

    褒めてないですよね?これ。
    ま~、マスコミはどこもこんなもん(笑)。売れればいいやって考えなのでは?
    …日本の記者に聞かれれば日本選手の悪口言わないと思うしね~(笑)大人だしー。

    そうだ!ママクマさんの旦那様、ロシア語わかるんですよね?羽生くんのときのコールってなんて言ってるのかわかりますか?私は応援のハーニャ?(ハニヤ?)だと思うんですがロシアコールで嫌がらせされてる!っていうのを目にしたんですよ。他の選手のときにはなかったのに、一人だけ嫌がらせされるって考えられないんですよね…。

    • mk5go 2014.02.08 11:58am

      こんにちは。肝心の時に風邪ひいちゃって開会式は録画になっちゃいました(T_T)
      でも団体の男子SPは生で観ました。そして珍しく旦那も一緒に観てました。例のコールの件ですが、「流石ロシアwwwww」「これは各会場でロシアコールをしろと命令が出てるなw」と笑ってました。

      あのコールは「らっすぃあ」間違いなくロシアコールだそうです。ウチの旦那、字幕なしで露映画とかTVドラマ観てるんで間違いないと思う。(ただ、演技終わったあとに羽生コールが混じっていたかどうかはわかりませんが…一回しか見てないんでそこまで確認してないです)

      だけど別に羽生くんにプレッシャーかけるとかなんとかじゃなくて、オリンピックだから気持ちが盛り上がってやっちゃっただけなんじゃないかなぁ。もしかしてウオッカ入ってる人いたかもよw

      単なる自国愛だからあんまり気にしなくていいと思う。それにしてもなんでもかんでも陰謀論にしちゃいたい人っているんですね。困ったもんだ…

  2. エキセントリックBBA 2014.02.08 2:14pm

    ありがとうございます!
    う~ん、羽生きゅんのときだけなぜ?って思ったんですよね~。だから応援コールなのかと。

    そういえばPチャンの点数出た直後で、チャンも怪訝そうな顔してましたね(汗)。

    スポーツ紙でも「ロシアコール」「ハニヤコール」って判断真っ二つでした。聞き取りにくいからな…。進藤アナも応援ってとったようですが。

    ま~本人が応援だと思ってるならそれでいいか(笑)。
    しかし…ロシアコールだとすると個人戦が怖いww。

    • mk5go 2014.02.08 7:26pm

      いや…始まった時のコールは確かに「らっすぃあ」だったけど…終った時に「ハニヤ」コールが混じっていたのかも…ちょっともう一度観てみますね(^_^;)

      そういえば羽生くんSP始まる直前目が光ってませんでした?あれで私エキセンさんとこの「おれはやるぜ」思い出して笑っちゃいましたよ。個人戦はもっとやる気モードに入るのかと思うと可笑しいですねw

2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

記事一覧

Twitter