ヨナ、ソチに向け出国

今日の午前、ヨナと後輩たち一行はソチに向けて出発しました。あまりに記事が多いので、抜粋してご紹介します。但し相変わらずの自動翻訳頼みなので日本語がちょっとアレなのはご勘弁ください。

<オリンピック> ‘フィギュア女王’キム·ヨナ、ソチ出国…二番目の戴冠式の準備(総合2報)

20140212_03

・仁川空港→モスクワ→ソチに向かった。パク・ソヨンとキム・ヘジンも一緒。
・キム·ヨナは13日から15日までアイスバーグスケートパレス練習リンクでロシア、ウクライナの選手と同じ組で訓練する。
・キム·ヨナはその間泰陵(テルン)選手村で一日に7時間ずつ、週6回のトレーニング(?)を消化した。

「4年という時間が経って再びオリンピックに出場することになった」

「 2番目と最後のオリンピックであるだけに、満足のいく試合をして後輩たちと一緒に素晴らしいオリンピックの経験をして帰ってきたら良いだろう 」

こちらが出国時の映像です。生中継!凄いw

<オリンピック>キム·ヨナ」の最後の戦いと思っ折って集中する “

20140212_04

「引退の舞台がオリンピックになった。小さな大会より緊張が多くなるようだ」

「最後という考えのために演技がうまくできないかと心配もしますが、そのような考えはさておき、競技に集中したい」

キム·ヨナ出国、女王登場 “後輩たちと一緒になって心強い」

20140212_10

「3人が一緒に出るようになって心強い。後輩たちと一緒に行くほど安らかな気持ちでいつものようにすることができるようだ」

シングルで3人の選手が出場するのは韓国史上初だそうです。前回はミン・ジョン選手と2人でしたもんね。嬉しいだろうなぁ。

「五輪で2連覇をしなければならないという気持ちよりも、ただ出場するという心を持っている。そのような点にこだわらずにいる」

「まだ試合が開始されなかった。最も重要なことは、私は戦いをするかだ。結果は応じてくるのである。上手にすることも、ないこともある。後悔もない。最後の大会ラさっさとはたいてしまって先端を出すことができるようだ」

自動翻訳w頑張れwww

【ソチ五輪】キム·ヨナ、女王ダウンを尊重し、謙虚さらけだす

20140212_11

こちらでは質問に答えてロシアの若手選手(リプニツカヤとソトニコワ)について話しています。但し、ヨナ自身は特定の選手の名前を口にしていないそうです。以前のインタビューでソチ五輪で注目する選手は?と聞かれて後輩2人の名を上げたヨナらしい答えですね。下手に口にして変にメディアに取り上げられるとお互い大変ですから。この辺りもクレバーなヨナらしい発言です。

「ロシアの上手な選手が多いという話は以前から聞いた。今回のオリンピックでは自国で開かれるので、良い機会になるだろう」

「その選手は、オリンピックでデビューするのですが、私は最後の大会だ。お互いに意味することが違う。他の選手たちが得るもの損うか気にすることは、私を助けてはならない。私、これまで準備したことを適切に発揮することが重要である」

バンクーバー五輪のときも、有力な金メダル候補にもかかわらず彼女の口から「金メダルを獲得する」という言葉は一度も聞かれなかったそうです。自分自身がしっかり準備をしてそれを発揮することが重要だとのみ話していました。今回のソチもその姿勢には変わりはない、と記事に記されています。

「他のスポーツとは違ってフィギュアは記録的に成績が選別される銘柄ではない。そうだ選手たちが、毎回うまくできず、同じ基準で審査することはできない」

「この部分は私が解決すべき問題ではない。満足のいく試合をすると大丈夫そうだし、どんな結果が出てこよう受け入れなければならないようだ」

この記事はこう結んであります。

-キム·ヨナはいつも心を空にして与えられた仕事に最善を尽くすという姿勢を維持した。相手を尊重し、ひたすら自分だけ気を注ぐ彼の姿勢は、「最強」らしかった。 -

日本では浅田選手のライバルとして、ややもすると「悪役」として捉えられがちですが、これがヨナの、フィギュアスケート選手としての真の姿だと思います。

今日こんなニュースが流れました。

報道の自由、日本後退59位

【パリ共同】国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(RSF、本部パリ)が12日発表した、世界各国の報道の自由度を順位付けした報告書で日本は昨年の53位から59位に後退した。東京電力福島第1原発事故の影響を取材しようとするとさまざまな圧力を受けるとされたほか、特定秘密保護法の成立が響いた。

日本は、各国を5段階に分けた分類で上から2番目の「満足できる状況」から、主要先進国で唯一、3番目の「顕著な問題」のある国に転落。東アジアでは台湾や韓国を下回る自由度とされた。

日本は昨年も福島の事故について情報の透明性が欠けるとして大きく順位を落としていた。

***

普段は自国のマスメディアに対し「マスゴミ」と罵り、マスゴミの陰謀ー情報統制にはダマされないと鼻息を荒くしてご高説を垂れている人たちが、ことフィギュアに関しては「マオ=ベビーフェイスVSヨナ=ヒール」という図式からいつまでたっても抜け出せないのが滑稽です。

報道の自由がない国、日本。他人の垂れ流すソース不明の情報に踊らされる日本人。為政者にとって都合のいい愚民にはなりたくないですね。

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2013.12.14

    今日は無理…

コメントをお待ちしております

2017年10月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

記事一覧

Twitter