“女王の汗、そして愛”…キム·ヨナ、6ヶ月の記録(自動翻訳)

[単独] “女王の汗、そして愛」…キム·ヨナ、6ヶ月の記録

20140306_21

[Dispatch =サーボ県·ギムスジ·ギムヒョウン記者]

正確には4年前です。2010年2月、フィギュアの女王が誕生しました。2010年バンクーバー冬季オリンピックの金メダリスト、キム·ヨナがその主人公です。合計点数は228.56点。キム·ヨナは歴代なかった最高点で、自分の長年の夢を遂げました。

キム·ヨナは冷たい氷の上で熱い涙を流しました。拍手がなり、女王は通常笑顔。金を抱え​​て帰ってきた韓国。女王は自分の体と同じだったスケートを脱いで、実に久しぶりに自由を満喫しました。

人々は女王の未来を気にしました。しかしキム·ヨナは沈黙しました。その2年という時間を過ぎました。そして2012年、ついにキム·ヨナが記者会見を自ら要望しました。キム·ヨナは終始淡々として落ち着いた口調で話を続けました。

20140306_22

“韓国のフィギュアスケートのために私がすべきことは、まだ残ったという考えをしました。”

20140306_23

女王が帰還を発表しました。キム·ヨナは再び氷の上に立つにしました。後輩たちのための選択でした。オリンピックを経験にしてくれたいという思いでした。このためキム·ヨナは、つらい訓練を、一人だけの戦いを、また再起動が必要でした。

20140306_24

「ディスパッチ」は、昨年8月、泰陵(テルン)選手村を見つけた。女王の最後のオリンピックは、その闘魂の現場を記録したかったのです。この日キム·ヨナは明るい笑顔。空の上でよくジドン日差しだけに、キム·ヨナは明るく笑った。

実際には笑ってばかりは厳しい環境です。訓練がつらいだけでなく、条件さえ良くありません。

20140306_25

泰陵(テルン)選手村にはスケートリンクが一つあります。しかし、フィギュア専用スケートリンクはありません。ショートトラック、アイスホッケーの選手たちと一緒に分けて書きます。時間を割いて交互にリンクを使用します。フィギュア女王のある国だが、その環境は、厳しいしました。

20140306_26

9月5日。キム·ヨナの誕生日です。もちろん、キム·ヨナはパーティーよりも訓練が先でした。この日も間違いなく朝10時氷上競技場に到着しました。12時までのリンクのトレーニングを、午後から6時まではフィジカルトレーニングをしました。

それでも誕生日なのに…、それだけで運動だけしたかよ?

20140306_17

それでもキム·ウォンジュンがあってよかったです。二人は村の近くのレストランで23歳の誕生日を迎えました。

9月11日に覚えています。この日キム·ヨナの表情は暗かった。最後の2年を一日も欠かさずに走ってきました。以上がなければ、それはより奇妙なことでしょうか。足首に痛みを感じたようです。まだ行く道が遠かったが、彼女の顔に悩み苦しんだ心が明らか​​になった。

20140306_27

キム·ヨナは中足骨の微細損傷の診断を受けました。痛みの部位は、右の足の甲にジャンプしたときに体重が載るところです。この負傷でキム·ヨナは当初参加予定だった2013〜2014シーズンのISUグランプリシリーズ2大会を放棄しました。

20140306_28

約6週間の治療が必要な状況。しかしキム·ヨナはスケートを取ることができませんでした。リハビリを介して体作りに専念しました。天気は関係ありませんでした。雨の固い日も訓練を続けていきました。日が暮れるまで言葉です。

20140306_29

20140306_30

訓練に訓練のおかげでしょうか。キム·ヨナの体ははるかに軽く見えました。そのキム·ヨナは、自分自身と戦いながら2013年シーズン最初の実戦を用意しました。特に11月には、ザグレブ大会を控えてからは日が落ちるまで出てきませんでした。

20140306_31

いつのまにか12月になりました。オリンピックを控えて実戦練習に拍車をかける始めました。そして3日、「ゴールデンスピン·オブ·ザグレブ」に出場するため、クロアチアに出国しました。実戦感覚を確認するための大会でした。

長い間の空白に立っ国際大会。女王は女王でした。少しのすき間もありませんでした。キム·ヨナは5日のショートプログラムで73.37点を、6日フリースケーティングでは、131.128点を受けた。合計204.49点。金メダルを首にかけました。

20140306_11

完全復帰しました。賛辞があふれました。しかしキム·ヨナは油断していません。帰国後も訓練、また訓練を繰り返しました。おそらく、この時からのようです。泰陵(テルン)のスケートリンクの火はいつもキム·ヨナがオフになっています。

さらに、クリスマスイブにも氷の上に立ちました。一体いつ休みかって?

20140306_32

彼氏の誕生日。そして、クリスマスイブ。

つらい訓練の中でも甘い休息はありました。

20140306_33

新年が明けました。Dデイが1ヶ月後に迫ってきました。キム·ヨナは実戦感覚を身に注力しました。1月5日には、京畿道高陽市で開かれた第68回全国男女フィギュア総合選手権大会に参加しました。この大会で合計227.86点を記録し、優勝は女王の分け前でした。

20140306_34

実力は相変わらずだった感覚は生きていました。それでも訓練を怠っていません。早朝から村を訪れ、その誰よりも遅く選手村を出ました。13日と27日にも選手村で汗を流しました。夜遅くまで訓練を消化してソチに向けて情熱を燃やしました。

20140306_35

いよいよ2月です。ソチの扉が開かれました。世界が揺れました。それでもキム·ヨナは落ち着いています。これまでと変わらず、選手村を見つけた。キム·ヨナは出国前日までに汗を流しました。そして2月11日、608日、1万、4592時間、87万5520分のトレーニングを終えました。

20140306_36

2月12日、ソチで離れる日です。キム·ヨナは2連覇を期待している人々に言いました。

「私がよくすることも、可能性があります。どうせ最後だから、さっさとはたいてしまって気持ちよく終えることができそうです。緊張がなければ、上手に自信があります。準備しただけ発揮することが重要です。 ”

女王は約束を守りました。無欠点演技で報いました。4年前のあの日のように、キム·ヨナは完璧し、感動でした。キム·ヨナは女王の健在を発表しました。彼女の舞台はもうメダルの色で評価下すことができるのではないでした。

20140306_37

今では、キム·ヨナは選手ではなく、普通の24歳に戻ります。これまで選手としてできなかった自由を享受時間がきました。重かった王冠も下に置く時になりました。キム·ヨナは彼女の最後のをそう思い出ました。

「私という選手がいたことを覚えていただきたいと思います」

以上の「ディスパッチ」が確認したキム·ヨナの訓練日誌でした。汗は裏切らないとね。女王の品格は、氷の上で流した汗でなされたものでした。これから開かれるキム·ヨナの未来がまた期待される理由です。

<写真=イ·スンフン·ソンヒョジン·西·ジュンギ者>

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. エキセントリックBBA 2014.03.07 10:13am

    このニュース、韓国のファンはどんなとらえ方してるんでしょうね?日本でも軽くショックなファンはいると思うけど、けっこう韓国は強烈なファンが多そうだからな~。好意的なヒトが大半だろうけど。

    2012年からおつきあいしてるそうですね。やるなぁ~(笑)ソチ前に発覚しなくて良かった。
    結果が出せなければ、お相手共々バッシングされそうですもんね。

    • mk5go 2014.03.12 3:17pm

      私は韓国語わからないのであっちのヨナファンブログとかファンフォーラムには出入りしていないんだけども、概ね好意的なんじゃないかと思います。

      あ、あとね、これ出た時に日本語のネットニュースで「中国のTwitterではこういう意見があった」って否定的な意見を紹介していたのがあったのよ。微博だと思って見にいったのね。そしたら確かにそのネットニュースで紹介してた意見(「韓国女の恋愛なんて興味なし!くだらない!」)の書き込み見つけたんだけど、34あるコメントのうちのひとつだった。あとは殆どおめでとうコメだったよ。

      「中国に韓国は擦り寄ってるけど実は中国は韓国嫌いなんだぜ」っていう刷り込みをしたい人がいるんだろうね。とほほ。

  2. 2014.03.08 12:02pm

    素敵な翻訳記事、ありがとうございます!!

    海峡を超えてオスの山犬の阿鼻叫喚が聞こえてきた…なんてのは大袈裟な冗談ですが、ニホンオオカミのメスとしては、ヨナの辛いトレーニングの日々を精神的に支えてくれた人がいたことに、救われたような感謝したいような思いでいっぱいです。

    ソチが終わるまで公表を控えてくれた記者さんにも感謝。名翻訳?も手伝ってか、トップアスリート同士のストイックな交際に、取材側も心打たれたのが伝わってきますね。

    お相手の方はホッケーシーズン終了まで忙しそうですが、人目も時間も気にせず、好きなものを食べて好きなものを見る…そんな普通のデートのできる日が、早く2人に訪れますように。

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

記事一覧

Twitter