今日は朴小宴ちゃんネタで。1:サイン会

日課のニュース漁りをしていましたが、今日は「キム・ヨナ引退記念メダル発売」くらいしかネタがなかったので、ソヨンちゃんでいきたいと思います。第一弾は「サイン会」

え?もうサイン会あったの?とちょっと驚きましたが内容を読むとそういうことか…という感じです。

‘フィギュアの新星’パク·ソヨン、光明スピドムソファンサイン会開催

20140412

「ポストキム·ヨナ’で注目されているフィギュアの有望株パク·ソヨン(17·シンモクゴ)選手が6日、光明スピドームを見つけてファンサイン会を行った。

フィギュア国家代表パク·ソヨンは現役競輪バクジョンソク(49)選手の実の娘である。このような縁で国民体育公団競輪競艇事業本部は去る2010年からソヨンを後援している。

バクジョンソク選手は、1995年競輪に入門した後、現在まで活躍しているベテランである。20年の間に活動している百戦錬磨で、まだ多くのファンたちの愛を受けている。

パク·ソヨンはソチ五輪に続いて、今年の世界選手権でも優れた技量を披露したキム·ヨナの後を継ぐ木材に浮上した。また、先月行われた世界選手権大会では176.61点で、自分のこれまでの最高記録を更新し、総合9位に上がった。

パク·ソヨンは、小学校1年時にフィギュアスケートを始め、6年生の時、最年少国家代表に抜擢された。2009年までに国内大会を数回優勝しており、初めて出場した国際大会である’2009環太平洋冬季大会」ノービス(13歳以下)部門で優勝し、フィギュアの新星に浮び上がった。

パク·ソヨンはこの日ファンサイン会を開いて競輪ファンたちに会った後、ソチオリンピックの公式マスコット人形を20個競輪ファンにプレゼントした。この日のサイン会でパク·ソヨンは「平昌冬季オリンピックでメダルを取ることができるように訓練したい」とファンの前に念を押した。一方、競輪競艇事業本部はパク·ソヨンに訓練支援金500万ウォンを伝達した。

***

ソヨンちゃんはお父さんが競輪の選手なんですねー。それが縁のサイン会。日本で競輪っていうと主なファンはおじさま方ですが韓国はどうなんだろ?サイン会に参加したファンが気になりますねw

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントをお待ちしております

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

記事一覧

Twitter