キム・ヨナキッズまとめ

ヨナがテルンのロッカールームの荷物を整理した、という一文を読んでああ…本当に現役引退したんだなぁという実感が湧いてきました。(今更w)新ルールの分析もちょっと入っていて面白いなと思ったので自動翻訳でご紹介します。でも「ぶらりコトネヨ」ってなんだ???

ぶらりコトネヨ、ヨナキッズ

[4年後の平昌で韓国フィギュアリード·ソヨン·キム·ヘジン·キム·ジンソ] -キム·ヨナと訓練された1年で急成長し、パク·ソヨン、きれいなジャンプが強み…今季の世界選手権「トップ10」入り、キム·ヘジン、感情表現豊かでキム·ジンソはジャンプ習得能力が好き「残った宿題は、加算点の改善…ジャンプ絶えず練りよ」

ソウル泰陵(テルン)室内スケート場のロッカールームにあったキム·ヨナ(24)の「痕跡」はもうなくなった。2014ソチ冬季オリンピック銀メダルを最後に現役から引退したフィギュアの女王は数日前に彼のトレーニング機器をすべて更新した。

ここでアイスリンクでトレーニングしていたパク·ソヨン(シンモクゴ)·キム·ヘジン(グァチョンゴ·17以上)·キム·ジンソ(18·ガプチョンゴ)は、先輩の荷物の整理を助けた。これらは、今月初めに開かれたキム·ヨナの現役別れアイスショーで一緒に公演した。「公演を終え出た大きな支えがなくなるという考えに涙しかないナドラゴヨ。といって惜しんするだけではないでしょう。今は’キム·ヨナの子供」ではない、堂々とシニア選手として成長していくでしょう」

◇ 「ポスト金妍兒」は誰

ソヨンは、去る3月ISU(国際スケート連盟)世界選手権で9位に上がった。キム·ヨナを抜いて韓国選手では初めて世界選手権のトップ10に入った。今年の4大陸選手権とソチ五輪以来、三度目の出場したシニアの国際大会で収めた快挙だった。当時、カナダの公営放送CBCは「パク·ソヨンのきれいなジャンプ着地、柔らかな演技は、フル·パッケージ(full package·総合セット)だ」と賞賛した。

20140518

パク·ソヨンは「これまで実戦でミスが多かっ働いた過去の世界選手権では、練習の時からすべてのジャンプがうまくいって不安はなかった」とし、「景気が終わるやいなや、ヨナの姉のお祝いの文字メッセージを受けて、より嬉しかった」と話した。パク·ソヨンは舞踊を専攻た母の影響で3歳の時からバレエを学んで柔軟性が目立つ。ジャンプの回転数が正確で、ジャンプの飛距離が長いので、実戦で加算点をたくさん受ける。力のあるスケーティングも強みだ。

パク·ソヨンと同い年のライバルであるキム·ヘジンも次のシーズン一段階跳躍を狙っている。豊かな感情表現と老練味を取り揃えたという評価を受けるキム·ヘジンは「貪欲」と噂の日だけの訓練、集中力も高い。

ジャンプの技術を迅速に渉猟して’フィギュア神童’と呼ばれたキム·ジンソは、最近の国際大会での活躍で韓国男子フィギュアの代表走者に浮び上がった。キム·ジンソは、過去の世界選手権で、韓国人選手としては初めて200点を突破(202.80点)、16位となった。

◇ 平昌オリンピックまでの課題は?」

フィギュア3人衆’は、過去1年間のキム·ヨナと一緒に泰陵(テルン)で訓練して急成長した。特にパク·ソヨンとキム·ヘジンは、最初に出たオリンピックで決勝まで上がって自信を得た。次期大会である2018年、平昌冬季五輪を輝かせることが期待される理由だ。難しいたびに、キム·ヨナから多くの援助を受けたキム·ジンソは最近、自分のスマートフォンにキム·ヨナを「ユナ姉」から「メンター様」に変えて保存した。ゴソンフイ大韓氷上競技連盟競技理事は「世界的スターであるキム·ヨナとともに訓練したという事実だけでも、大きな刺激になった」とし、「優れたシニアの選手になるには、今後傷つかずに体の状態を維持するためにも努力しなければならない」と述べた。

20140518_02

4年後の平昌オリンピックを準備し、これらの技術加算点とプログラム構成点数を高めなければならない課題を抱えている。パク·ソヨンとキム·ヘジンの場合、ジャンプなどの基本的な技術水準は世界トップクラスの選手たちに大きく遅れをとらないほど引き上げた。技術の「品質」を評価される加算点部門はキム·ヨナよりも10ポイント程度下回る。芸術性を問うプログラム構成点数も世界レベルとは距離がある。国際大会に頻繁に私が経験を積んで、安定した技術をもとに、芸術性を高めるために努力しなければならない。

先月発表されたISUの厳しくなった新採点規定も気を使わなければならない。ロングエッジ(Wrong Edge·ジャンプする時スケートの刃を誤って使用するもの)や、ジャンプの回転数不足による減点幅が大きくなったからだ。チョン·ジェウンISU技術審判は、 “より多くの訓練にジャンプの正確性と成功率を向上させるしかない」とし、「改正された規定が4年後平昌五輪までに適用されるため、選手たちはジャンプをより鋭く整えなければならない」と述べた。

***

「メンター様」が何者なのか気になるところですが。

ポイントは「GOEの向上」「PCSの向上」「ジャンプの正確性と成功率の向上」「怪我をしないこと」ってことですね。ヘジンとソヨンは基礎技術には問題ないのであとはそれを土台に国際大会にバンバン出てどこまで磨きをかけられるかにかかってると。うーん。普通の分析ですね。ごくごく当たり前の普通の分析なんだけど、こういうの書いてくれるってのはいいですね。現実的で。

ソヨンのお母様が「舞踏を専攻」ってありますね。ダンサーだったってことなのかな。それとも韓国の大学では舞踏学科みたいなのがあるんでしょうか。

あーーそれにしても。ロッカー片付けたのか。なんか部活を引退した時のこと思い出してしみじみします。そっかーロッカーの荷物をね…選手だったんだなぁ。

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. フィギュア好き 2014.05.20 8:20pm

    若い才能を育てるためには環境が必要だけれど、その環境を調えるためにはまず成績を残さなければならないって今の選手たちにはジレンマですね。フィギュア大ファンの大富豪がリンク作ってあげるよーとかないのかな(^^;

    ソヨンのお母さんはバレエの先生なんですって。

    ちなみに「ぶらりコトネヨ」は「すっかり大きくなりましたね」、「メンター様」のメンターは英語で、優れた助言者やロールモデルのことらしいです。

    • mk5go 2014.05.21 6:35am

      >フィギュア大ファンの大富豪がリンク作ってあげるよーとかないのかな(^^;

      それあったらいいのにねーー

      ソヨンのお母さんバレエの先生なんですか。へーー!そしたら細かいことアドバイス貰えるしレッスンしてもらえるしいいですね。(てかソヨンちゃんはお母さんと同じバレエの道選ばずにフィギュアにしたのね。ありがとー♡)

      「メンター様」って英語なんですか。こりゃまた無知を晒してしまいました。はづかちーーー(^_^;)
      わたしゃ「ベジータ様」みたいなアニメとかゲームのキャラ?とか思ってましたw 「すっかり大きくなりましたね」なんですね。ありがとうございます。熱心なヨナファンの方は韓国語勉強してる人沢山いらっしゃるみたいですが私も少し考えたほうがいいのかも…さっぱりわからない(恥

  2. フィギュア好き 2014.05.23 2:28pm

    まママクマさん、想像力豊かww
    メンターは私も最近知った単語です。今韓国で「カリスマ」並みに流行ってる言葉ですから。

    韓国語がわからないまま、また自動翻訳のへんてこりんな訳で想像して聞かせてほしい。私の楽しみにさせてくださいw

    • mk5go 2014.08.04 11:50pm

      ヨナの情報はほどほど上がってるんですが、ソヨンやヘジンのはあんまり見つけられないので韓国語まじめに勉強しようかなぁ…と「ちょっとだけ」思ってました。でもやっぱり自動翻訳に頼る日々になりそうです。とんでもない間違いを犯していたらご指摘よろしくお願いします。

2017年12月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

記事一覧

Twitter