「ヨナキッズ·ソヨン – キム·ヘジン、フリープログラムの曲を発表(自動翻訳)

「ヨナキッズ·ソヨン – キム·ヘジン、フリープログラムの曲を発表

20140805_02

「韓国女子フィギュアの希望」パク·ソヨン(17、シンモクゴ)とキム·ヘジン(17、グァチョンゴ)が今季リリースする新しいプログラムの曲名を発表した。

パク·ソヨンとキム·ヘジンのマネージメント社㈜オール·ザット·スポーツによると、パク·ソヨンの2014-2015シーズンのショートプログラムは、「周とロンドカプリチオソ(Introduction and Rondo Capriccioso)」、フリープログラムは、「ロミオとジュリエット(Romeo&Juliet)」に確定した。両方のプログラム「フィギュアの女王」キム·ヨナの振付師のデービッド·ウィルソンの作品である。

キム·ヘジンのショートプログラムは「あきらめとベス(Porgy&Bess)」、フリープログラムは「ラプソディ·イン·ブルー(Rhapsody in Blue)」だ。ショートプログラムの振り付けは、2006年トリノ冬季オリンピックの銀メダリストであるステファン·ランビエル(29、スイス)、フリーはデビッド·ウィルソンが振り付けを担当した。

パク·ソヨンは去る3月日本、埼玉で開かれた「2014 ISU世界選手権大会」で総点176.61点を記録、キム·ヨナを除いて、韓国女子シングル最初総点170点を突破している。当時、パク·ソヨンは総合9位に上がっ2014-2015シーズンISUグランプリシリーズ1次アメリカ大会と4回目のロシア大会に割り当てた。

また、キム·ヘジンはISUグランプリシリーズ2次カナダ大会に割り当てられ、パク·ソヨンとキム·ヘジンすべて今季シニアグランプリの舞台にデビューすることになった。

パク·ソヨンの新しいショートプログラム曲「周とロンドカプリチオソ」は、フランスの作曲家カミーユ·サン=サーンスがバイオリニストサラサーテをために作曲した曲である。バイオリンの優雅で情熱的で華やかな旋律が引き立つ曲だ。映画や広告、放送にたくさん登場して多くの人に馴染みの曲でもある。またフリープログラムの曲はシェークスピアの戯曲を、2013年映画化した「ロミオとジュリエット」のOST曲である。パク·ソヨンは、ロミオとジュリエットの悲劇的な愛を描いた切なくて美しい旋律に合わせて美しい演技を繰り広げる予定だ。

パク·ソヨンはマネージメント社のオールザットスポーツを通じて「初めてシニアグランプリシリーズに出るシーズンなので、成熟して素敵なプログラムを披露と曲の選択に多くの苦労をした」とし「ハードなトレーニングをして準備して今シーズンも良い姿をお見せしたい」と伝えた。

キム·ヘジンの今季のショートプログラム曲「あきらめとベス」は、米国の作曲家であるジョージ·ガーシュインが作曲オペラ曲である。アメリカ社会の黒人たちの生活を描いた小説をベースにして作られたオペラで、「最もアメリカ的なオペラ「呼ばれている。ジャズとブルース、フォーク、黒人霊歌のように多彩なジャンルが混合された哀伤的魅惑的な音楽に合わせたキム·ヘジンの豊かな表現の演技が期待されているプログラムである。

フリープログラム曲である’ラプソディ·イン·ブルー」もジョージ·ガーシュウィンの作品である。この曲は、ガーシュインが1924年に作曲したクラシックのジャズが融合された新しい形の協奏曲である。この曲でガスィクは大きな名声を得た。クラリネットの柔らかい音色に開始され、さまざまな楽器が織り成す活気軽快なメロディーが際立つ曲で、キム·ヘジンのスポーティな外観とよく合うことができるプログラムである。

キム·ヘジンは、「昨シーズンと違った雰囲気のプログラムをやってみたい、新しいジャンルの曲を選択して熱心に準備している」とし「昨シーズンのオリンピックと世界選手権の経験をもとに、今シーズンはもっと成長した姿をお見せしたい」と明らかにした。 一方、現在の泰陵(テルン)選手村スケートリンクで訓練に邁進しているパク·ソヨンとキム·ヘジンは来月8日、台湾の台北で開催されるアジアトロフィー大会に出場する予定だ。

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントをお待ちしております

2017年12月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

記事一覧

Twitter