ギムギュウン、フィギュア亞トロフィーショート3位…キム·ヘジンは4位(自動翻訳)

ギムギュウン、フィギュア亞トロフィーショート3位…キム·ヘジンは4位

20140809_03

【エクスポツニュース=チョ·ヨンジュン記者]

‘フィギュア期待の主’ギムギュウン(15、ヨンファジュン)がアジアントロフィー女子シングルショートプログラムで3位に上がった。

ギムギュウンは9日、台湾·台北で開かれた2014フィギュアスケートアジアントロフィーシニア部女子シングルに出場して技術スコア(TES)30.60点、芸術点数(PCS)24.60点を合わせた55.20点を受けた。 出場選手7人のうち、ショートプログラムで3位に名前をあげたギムギュウンは韓国選手の中で一番良い成績を収めた。

ギムギュウンは2014平昌冬季オリンピック有望株の一人として評価されている。昨年10月、エストニアで開かれた国際氷上競技連盟(ISU)ジュニアグランプリでは9位に上がった。 今回の大会でギムギュウンは先輩であるパク·ソヨン(17、シンモクゴ)キム·ヘジン(17、果川中)と一緒に女子シングルシニア部に出場した。実行課題の両方を無難に遂行しながら55.20点を受けた。

オールシーズン初めての国際大会に出場したキム·ヘジンは50.09点でショートプログラム5位に上がった。(注)

去る3月に開かれた世界選手権で9位に上がったパク·ソヨンは49.20点を受けて、5位に終わった。 最初の課題のトリプルサルコウ+トリプルトーループジャンプはきれいに決めたものの、トリプルルッツでミスを犯した。この課題では、ダウングレード判定を受け、50点に満たなかった。

日本の期待の星本郷リカは57.91点でショート1位に上がった。

一方、先に行われたシニアの部男子シングルでは、キム·ジンソ(18、ガプチョンゴ)が69.82点を受けて2位に上がった。66.67点を受けたイ·ジュンヒョン(18、スリ高)は3位に名前をあげた。

アジアントロフィー男女フリースケーティングは10日に開かれる予定だ。 チョ·ヨンジュン記者spacewalker@xportsnews.com

***

(注)本文中でヘジンは5位となっておりますが、タイトルは4位なので単なる誤植だと思います。

それからこれはTwitterで教えていただいたのですけど、この自動翻訳、よく見ると選手の名前が「ギムギュウン」になっておりますが、正しくは「キムギュウン」だそうです。そして苗字を読まず単に名前の方だけを呼ぶときは濁りがとれて「ギュウン」じゃなくて「キュウン」になるそうです。へーーーーーー!

こういう規則って語学勉強するときには大変なんですよねー。てか語学嫌いなのでそういうの聞いただけでうへぇってなっちゃう情けなさ。あーあ。

私韓国語全然わからないので、自動翻訳のどこが違っててどこが正しいのかもちゃんと判断できてません。そんなレベルで自分勝手に意訳すると意味が間違っちゃうおそれがあるので、あえて何も触らないようにしています。

ですのでこの翻訳本文でも訂正せずそのままコピペしておりますが、名前の部分は脳内変換してお読みくださいまし。お願いします!

2位は誰?と思ったら加藤さんらしいという呟きを見つけました。最終結果どこかに出るかな?フリー楽しみにしてまーす。

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2014.01.16

    Viva Tangoてw

コメントをお待ちしております

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

記事一覧

Twitter