キム·ヨナ「浅田真央いなかったら今の私はなかった」

キム·ヨナ「浅田真央いなかったら今の私はなかった」

(以下自動翻訳)

「浅田真央がいなかったら今の私もなかっただろう。 ” スポーツでライバルの意味は大きい。競争相手が発展の原動力でもある。‘フィギュア女王’キム·ヨナ(23·オール·ザット·スポーツ)もこれを認めた。キム·ヨナは2014年ソチ冬季オリンピックに先駆けて初の実戦舞台に、選択した「ゴールデンスピン·オブ·ザグレブ(Golden Spin of Zagreb)」に出場するため、3日クロアチアザグレブに出発した。彼女は出国を控えた記者会見で、「ライバル」浅田真央(日本)について言及した。浅田は最近、「キム·ヨナがいなかったら私も成長することができなかったと思う。切磋琢磨したことが私の動機だった」とした。キム·ヨナはこれに対し、「浅田と同じ考えだ。浅田とジュニアの時から比較もたくさんいただいて、お互いライバル意識があった。浅田がいなかったらここまでされていなかっただろう。お互いに避けたいが、それほど刺激がされて刺激になる選手だこれで最後のシーズンなのに、これまでそうであったように、後悔せずに最後を過ごしたなら良いだろう」と述べた。

ゴールデンスピン·オブ·ザグレブは、オリンピックシーズンの最初の大会だ。キム·ヨナは当初国際氷上競技連盟(ISU)グランプリシリーズ2次のカナダ大会と5次のフランス大会を決めた。しかし、9月中足骨(足の甲と足の裏をなす骨)の微細損傷のために高強度のトレーニングを継続することができない二つの大会を放棄した。以後軽いトレーニングと治療を並行してきた。現在の痛みが緩和されたし、強度を高めて訓練することにも問題がないと判断し、大会に出場することに決定した。キム·ヨナは3日、出国前、仁川国際空港で記者会見で「五輪シーズンの起動が遅くなった。遅くなっただけに準備を徹底的にしようとした。最初の大会とは、最初のプログラムを公開する席であるだけに欲を出すよりは良い印象を植え与えることを目的とする。具体的にはレベルチェックのようなことが重要である。グランプリに比べて小さい大会であるだけに負担を減らして安らかな気持ちで試合にしたい」と所感を明らかにした。今回の大会が注目されるのはキム·ヨナの五輪シーズンのプログラムが最初に公開されている位置からである。キム·ヨナは五輪シーズンのショートプログラムは、ミュージカル「リトル·ナイト·ミュージック」の挿入歌である「道化師を送信中央」、フリースケートはタンゴの巨匠アストル·ピアソラの「アディオスノニノー」で決定した。キム·ヨナはこれまでショートで強烈なコンセプト、フリースケートでは、叙情的なプログラムをしてきた。引退の舞台である今季、哲学を破り、正反対のプログラムを構想したことが分かった。ショートが叙情的で、フリースケートは激しいタンゴのリズムと変化に富んだ曲展開が特徴である。キム·ヨナは一度大会に先立ち、具体的な開示を好まなかった。彼女は「プログラム振り付けや衣装すべての大会の時に公開したい」と笑った。ただし、ジャンプ構成は過去のプログラムとの大きな違いはないとした。キム·ヨナは10月30日ソチオリンピックD-100メディアデーで参加して、体の状態は70%とした。一ヶ月が過ぎた今では80〜90%まで引き上げたしました。キム·ヨナは「オリンピックを100%とすると、今では80〜90%程度になる」とし「トリプルコンボを走るのに、問題はない。試合でプレーした負け長くなったが、問題はないようだ。訓練が少し遅れて立って、完全にゲームを値程度の体力がされたばかり採る。本当に重要な実戦で良い姿を見せに体力が重要である。最初大会であるだけに、最後まで競技を進行することに目標を置いている」と語った。「ゴールデンスピン·オブ·ザグレブ」は、今回46回目を迎える伝統ある大会だ。キム·ヨナは2003年にこの大会のノービス·ジュニア大会「ゴールデンベア」のノービス部門に出場し、優勝した縁がある。キム·ヨナは「中学生の時に出場した記憶がある。それは、ノービスの頃だったが、今では引退を控えているベテランのだ。だから格別だ。今回の大会は小さな大会が安藤美姫など実力のある選手が出てくるから少し緊張して行うことができるようだ」とした。五輪シーズンに突入したキム·ヨナは武器は「無心(无心)」である。彼女は記者会見を通じて”欲を破棄した。」、「心が軽い」、「負担はない」という言葉を繰り返した。実際の顔も安らかに見えた。「オリンピックシーズンだが、私の選手生活の中の最後のシーズンでもある。より多くの心は軽い。率直に言って声をかけてオリンピックの金メダルと夢を既に成し遂げたので、結果に対する欲と負担はない。大会に出る時ごとに負担を減らして安らかな気持ちで臨むだろう。最初の大会によく払って、残りの期間まで、より完全に訓練する。 ” キム·ヨナは五輪2連覇の負担を少なくすることができる方法を誰よりもよく知っていた。キム·ヨナは6日(以下韓国時刻)ショートプログラム、7日フリースケーティングに出場する。仁川空港=バクチャンジュン記者vanbasten@sportschosun.com

20131203_03

 

上がっていた記事を幾つかざっと斜め読みしたけど、ここのが一番バイアスかかってない感じで読めた。ジャンプ構成変えないのか…そうすっと2A-3Tはナシか。3Lo観たかったな…

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 片割月 2013.12.04 1:30am

    こんばんは。

    そうですよ。
    ヨナ選手も浅田選手もお互いに認め合っているんですよね。しかし、一部のファンは(^_^;)

    安藤選手のコメントも素敵ですね。

    それにしても、ここは絵的にも立派なヨナファンブログでござんすな~~(^_^)ノ

    私は画像処理とかダメで、言葉だけよ^^;

    • mk5go 2013.12.04 11:58am

      早速ご訪問&コメントありがとうございましたm(__)m

      >ヨナ選手も浅田選手もお互いに認め合っているんですよね
      ですよね。

      >安藤選手のコメントも素敵ですね。
      その安藤選手のコメントを知っていたからなのか、安藤選手にもちゃんと言及してますよね。選手同士はそうやってお互いを尊重しあってライバル心を上手くモチベーションに変えているのに、見苦しいことを喚き立てる一部の人には本当に呆れます。(間違ってもそんな人達を“ファン”なんて呼んでやらない!片割月さんは心が広い!)

      ちょっと調子に乗りすぎですが、画像選んでるだけでも楽しいんですよね。でもその画像のせいで重いと除虫菊さんに言われましたw
      圧縮して軽くする方法もあるらしいのでぼちぼちベンキョウいたします。

      片割月さんは文章に長けてらっしゃるから…私は画像でごまかしてるだけです。笑

2017年10月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

記事一覧

Twitter