キム・ヨナの「顔芸」は模写可能か?

昨晩久しぶりに長文を書いたので脱力しており、今日はあらかーさんの「知って感じるフィギュアスケート観戦術」の感想か、はたまたアーサー・C・クラーク&F・K・ディックお誕生日おめでとうネタでもサクッと書いてお茶を濁そうかと思っていたんですが…いやいやいや。ある理由によりやっぱり昨日のお話の続きを書こうと思います。

あんな長い話に続きがあるのかと呆れるお方もいらっしゃると思いますが…w

20131216

バンクーバー五輪の後、ヨナに対する放言はいろいろ目にした訳ですが、昨日のネタ元「場末のストリッパーみたい」の更に上を行く驚愕発言を当時の掲示板で目にしました。曰く。

「鏡の前でやってみたけどあんな顔芸簡単、誰にでもできるわっ!」

話の流れから行くと007の演技中でヨナが見せる苦悶の表情、ニッと笑うトコロ、指パッチン、最後のバキューン、辺りのことを指しているようなのですが…貴女、ホントにそれ自分ちの鏡の前でやったんですか?正気?w

という揶揄は別にして。その頃、演技の流れや音楽に合わせて表情を作ることを「顔芸」と称し貶める風潮がありました。それは技術でもなければ芸術でもない、単なる小手先の誤魔化しだ、と。それに騙される観客やジャッジのなんと見る目のないことか!そんな感じでしょうか。

でもちょっと待って下さい。その「顔芸」ってホントに技術でもなければ芸術でもないんですか?というお話です。

そもそも「顔芸」って言葉嫌いなんですよね。便宜上使いますが、表情筋を使う「芸」はあっても「顔芸」なんてアンチの中にしか存在しないと思ってます。

またまた大学時代にハナシはさかのぼりますが、当時私は演劇フリークでした。ざっくりですけど、新劇→アングラ→第三世代の小劇場ブームに乗せられて、ぴあを片手にずいぶんあちこち見て回ったものです。半沢堺くんのテント公演デビューも観ておりますのよ、オホホホホ。(トシがバレるけどw)

雨後の筍のように次から次へと新しい劇団がでて来ておりましたが、やっぱりトップに君臨するのは「夢の遊眠社」であり「第三舞台」でありました。特に遊民社なんてもう…公演数だって少ないわけじゃないし小屋も大きいのに兎に角チケットが取れない。小劇場ブームなんつってももう「小」じゃないでしょ?ってくらい超超ビックネーム。一度は観ないとモグリ!と思って必死にチケット取って初めて観に行ったのが日本青年館での「贋作・桜の森の満開の下」でした。

日本青年館ってねあーた、芝居をする箱じゃないですよ。コンサートホールですよ。会場に入って本当にこんなデカイところでヤんのか?と度肝を抜かれましたね。

広い舞台と高い天井。セットには一本の桜の木。舞台は2段構えになっていて、上の段は開けた山道か農道みたいな感じでした。てか山だよね、山。ちょっとした小山と道がある感じ。要はデカイんです。役者なんてもうちーさくてね。後ろの席だったんでそれなりの大きさでしたよ。何処に目があって鼻があるのかなんて普通わからないくらいの距離だよね。

毬谷友子は今回とりあえず置いといて、若松武って知ってます?今は改名して若松武史だそうですが。大河とか色々出てるんで名前知らなくても顔をみればあーこの人、ってわかると思います。寺山修司の天井桟敷の人ですよ。当時は若松武だったのでそのまま記述させてもらいます。

この夢の遊眠社の代表作「贋作・桜の森の満開の下」にオオアマ役で出演していたのが若松武です。芝居の内容は端折っちゃいましょう。更に長くなるし。それに大分忘れちゃってるので。あのね、劇中でね、多分中盤以降の見せ場で彼、嗤ったんですよ、ニヤっと。片頬をあげて。

わかります?表情すら判別しにくい大きなコンサートホールでの芝居の舞台上で彼、「片頬をあげてニヤっと」嗤ったんです。定員1360席の観客全員にきちっと伝わるテンションで。これが「芸」です。若松武だからこそできる、一流の「芸」なんです。

なにをどう勘違いしたのか知りませんが、自分の家の鏡台の前でニヤりと嗤うのと、大勢の観客の前でそれらに伝わるように嗤うのとは、全然意味が違うんですよ。

「私にも出来た!」と曰ったかの女性に、髪を結い上げ派手な化粧をし、マイクロミニの黒のドレスで肩を露出し太ももを露わにした姿で、あの何千の観客が見守るアリーナに出て行って同じことをやってみろ、と言ってもまず出来ないでしょうね。入り口にすら立てないでしょうよ。怖くてね。

スケートリンクに自分が立っていると想像してください。だだっ広いフェンスに囲まれたリンクにあるのはただ氷だけ。身を隠すものは何もない。そして360度全方向から集中する観客の視線。高い天井。恐ろしく広い空間。そんなスッカスカなところに1人で立たされて作品を披露するってそりゃ並大抵じゃないですよ。才能があってそれを最大限活かす努力をしないと出きっこないです。いや、才能や努力を持ってしてもそれを実行できる人は更にその中のほんの一握りの人なんです。

バンクバー五輪シーズンいよいよ幕開けという時、ヨナはファンに向けてこうメッセージを発しました。「フィギュアスケートは個人の戦いでもなければ国同士の戦いでもなく、自分との戦いですらありません。私にとっては観客の皆さんとの共感が全てです。作品の世界をすべての観客の皆さんに共感を持ってお届け出来るように努力します」と。

私はこれを聞いて「金はヨナが獲る」と確信しました。その境地まで達したのなら、勝つのはヨナ以外にない、と。

表情をはっきり判別できない距離で若松武がニヤりと嗤ったのが私に見えたように、広いリンクでヨナの後ろ姿を見ていた観客にもヨナの表情ははっきり伝わっていたことでしょう。それが本当の「芸」です。類まれな才能と弛まぬ努力で培った技術のみがその「芸」を支えるのです。

それが理解できずに「顔芸」「誰にでもできる小手先の誤魔化し」と罵るのなら、あなたには観客の資格はありません。

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2014.01.16

    Viva Tangoてw
  2. 2013.12.23

    日本のエース
  1. ごんちゃん♪ 2013.12.17 2:54pm

    こんにちは。
    連日深いい話をありがとうございます。
    もう頭痛は大丈夫なんですか?ご自愛くださいね。

    とても興味深いお話だったので、Twitterで晒しときましたw
    でも私はフォロワーが少ないので威力無しです(笑)そもそもアンチの人がいないですし。

    あ、もしご迷惑だったら削除するので言ってくださいませ。

    これからも楽しみにしていま〜す(≧∇≦)

  2. ごんちゃん♪ 2013.12.17 3:49pm

    たびたび失礼します。
    一つ忘れてました。

    >金はヨナが獲る
    いやいや、これはまだわかりませぬ。
    今季の真央選手のスケーティング評価はバンクーバーの時とは違うものですし、3Aが決まったらPCSの評価も同等かそれ以上だと私は思いますよん。
    今季の男子を見ていると、高難度ジャンプの成功とPCSは連動しているようなので。ただ、GOEプラスでクリーンに跳べた時、という条件付きですが。

    ヨナファンでもあり、真央ファンでもあるので、一応異議申し立てをしておきます(笑)

    • mk5go 2013.12.17 11:00pm

      こんばんはー。コメント&ご心配ありがとうございます。なんか頭痛はあの日一日だけだったみたいです。全日本観るまでは死ねないので健康には注意しますw

      Twitter晒し感謝いたします。てか大手のブログサービス利用しないとやっぱり人集めるの大変みたいでね…ありがたいです。

      私もTwitter一応やってはいるんですが専ら情報収集が主でフォロワーいないんですよw

      それからわかりにくかったですが「金はヨナが獲る」はバンクーバーの時なのです。

      ソチは正直わかりません。3Aが決まれば(着氷できれば)浅田選手が行くかも…という気もしてます。

      ヨナは韓国ナショナルの具合観ないとなぁ。ファンとしては金じゃなくてもいいから表彰台はキープして欲しいなと思ってます。

  3. ごんちゃん♪ 2013.12.18 12:34pm

    こんにちは
    やっぱり私のツイッターでは反響0でございました。戦力にならずすみません(笑)

    バンクーバーで確信でしたか。読解力が足りないのがバレちゃいましたね(笑)
    メダルという単語=ソチの図になってるんだと痛感しました。

    ヨナさんと真央さんは台乗りという点では心配していないのですが、コストナーさんの怪我の調子が心配ですね。ナショナルも欠場だそうですし。
    あまり情報も入ってこない(というか目にする機会がない)のと、やはりジャンプの自爆癖がどうなるのか…

    順当ならこの3者でメダルの色争いだったはずが、リプニツカヤ選手も出場なら上位争いに食い込んできそうですよね。ソチだし。

    楽しくってワクワクするのに胃もシクシク痛い季節でございます。

    • mk5go 2013.12.18 1:20pm

      やっぱりコストナーには五輪のメダル取って欲しいし、あっこちゃんや(万が一出場できたら)美姫ちゃんにもあげたいし、スケート王国復活のためにはアメリカ女子もロシア女子にもメダル取って欲しいし、国の事情で翻弄されたけど出場できることになったゲデちゃんにも…って言い出したらメダルの数がいくつ合っても足りないですね。笑

      兎に角怪我だけは勘弁!みんなベストコンディションで望んで欲しいです。

      ワクワク&シクシク、わかりますw

2017年10月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

記事一覧

Twitter