プロトコルの在処がよくわかんないのでこちらの記事をどーぞ。

「魔の80点」渡してしまったキム·ヨナの完璧な演技

20140104_07

(高揚=聯合ニュース)ゴドンウク記者= 'フィギュア女王'キム·ヨナ(24)の非の打ちどころのない演技でミスを入手する必要がする審判でさえも、両方の手と足のことを聞いてしまった。

4日、京畿道高陽市オウリムヌリ氷床氷上競技場で開かれた 'KB金融コリアフィギュアスケート選手権2014「女子シングルショートプログラムでキム·ヨナは技術点(TES)42.23点と芸術点(PCS)38.37点を加え、なんと80.60点という驚異的なスコアを受けた。

国際氷上競技連盟(ISU)の公認記録はないが、自分が2010バンクーバー冬季オリンピックで作成した歴代最高記録(78.50点)を2.10点や更新した。

女性の試合で見ることができない80点台の記録が誕生したのだ。

昨年12月、日本選手権で鈴木明子がなんと215.18点を受けて優勝したことから見ての通り、各国の審判は、国内大会では多少高い点数を与えることは事実である。

キム·ヨナも試合後のインタビューで「外国人選手たちも、自国大会で高得点を記録したりする」とし、スコア自体には大きな意味を置かない態度を見せた。

しかし、直接「100%をした」と言ったところで覗き見ての通り、高い点数を与えるには十分完璧な演技を披露したことも事実である。

この日キム·ヨナは最初の技術であるトリプルルッツ - トリプルトウループのコンビネーションジャンプを始めと最後のチェンジフットコンビネーションスピンまで一度も欠かさず、加算点行進を行った。

最初のコンビネーションジャンプで2.01ポイントの実行スコア(GOE)を受け、続いトリプルフリップでも1.75点のGOEを加えた。

ダブルアクセルでも1.25点を受け、三回のジャンプだけで5.01点のGOEを得た。

ジャンプだけでなく、スピンとステップの技術も群を抜いていた。

三回のスピンのうち、レイバックスピン(レベル3)を除いた二回のスピンで最高レベルである'4 'が撮られた。GOEは合わせて3.26点を受けた。

ステップシーケンスでレベル4を受けたキム·ヨナは1.93点のGOEを加えた。

このように受信した技術点数は42.23点である。

最高点を記録したバンクーバー五輪当時、キム·ヨナが受けた技術点数は44.70点である。

当時キム·ヨナは今消えたスパイラルシーケンスで5.40点を受けた。

単純比較は難しいが、このスコアを除けば、39.30点となるだけに、他の要素では、それよりも高い点数を受けたわけだ。

審判団は、芸術点でもキム·ヨナの演技に高い点数を与えた。

キム·ヨナは芸術点を構成する5つの項目すべてで9点を超えた。

解析項目で最も高い9.75点を受けたし、演技·実行項目が9.69点と続いた。

振付·構成では9.59点、スケーティング技術で9.56点取られた。

最も低いの切り替え·フットワーク項目の点数も9.38点にもなった。

これを合算した38.37点は、昨年の「ゴールデンスピン·オブ·ザグレブ」で記録した自身の歴代ショートプログラムで最高の芸術点数(34.85点)をふわりと跳び越えた記録である。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事